この記事は約 4 分で読めます

スーツのズボンの破れの直し方!裂けの応急処置や簡単な縫い方を紹介!

スーツのズボンの破れたときの直し方を紹介しています。スラックスのお尻が破れてしまったり、裂けてしまった時などの応急処置です。

 

ズボンの破れを隠し、ひとまず乗り切る方法をまとめました。手縫いでできる縫い方などを紹介してます。

 

ピンチを乗り切る方法をチェックしてくださいね。

 

スポンサーリンク

スーツのズボンの破れの直し方

直し方は「ズボンがどんな風に破れたか」で大きくかわってきます。

 

破れてしまう原因としては、

  • 糸がほつれた
  • 生地が裂けた

着用して数年たつと、糸が緩み、ほつれやすくなります。特に股の部分は、布を縫い合わせているので、ほつれやすいですね。「ズボンに穴があいている!」と焦ってしまいますが、布の裏側をみて、糸がどういう状態になっているかを確認しましょう。糸のほつれなら直すのも簡単です。

 

 

問題は、転んだり、かがんだときの勢いで、生地そのものが破れてしまった場合。パックリお尻が裂けてしまっているのなら、まだ補修はしやすいです。縫い目の方向とは別の方向に生地が裂けてしまった場合は、補修にもひと手間かかります

 

スーツのズボンの破れの応急処置

アクシデントでスーツのズボンが破れたときの応急処置を紹介します。まずは、生地の状態が「ほつれ」か「裂け」をチェック。

 

 

糸のほつれが原因の場合

糸がほつれているのなら、ほつれた糸の代わりに生地を縫い合わせる方法を考えましょう。オフィスにあるもので手軽なのが

  • ・安全ピン
  • ・ホッチキス

安全ピンの方が、生地に穴をあける数が少ないのでお勧め。でも手持ちがない場合は、ホッチキスでもOkです。

 

ソーイングセットが手元にあれば一番よいのですが、男性の場合はそうとも限りません。もし親しい同僚の女性がいるのなら、そっと「ソーイングセット」をもってるか聞いてみてください。一昔前は、女性のたしなみとして持ち歩くアイテムと教えられてきました(笑)

 

生地が裂けてしまった場合

一時しのぎですが、「強力なガムテープ」で内側を張り付けましょう。生地と生地の裂けをガムテープで張り付けたあと、ホチキスなどでとめればひとまずはOK。

 

履き心地は悪いですが、パッと見で後ろ姿をみられたときに違和感がなければひとまずよしとしてください。

 

 

もし、出張などの出先で手元に何もない場合は

  • ・ドラッグストア
  • ・コンビニ

にいけば、ホチキスや安全ピンは売っています。焦らず、落ち着いて行動してくださいね。

 

 

スポンサーリンク

スーツのズボンの破れの縫い方

もし、ソーイングセットがあるのなら縫い合わせるのが一番安心です。手縫いでもよいので生地と生地を縫い合わせてみましょう。

 

ソーイングセットはセブンイレブンなどのコンビニでも販売されてます。

ズボンの破れの縫い方

糸は、スーツの色と近いものを選びましょう。もし迷ったら「濃い色」を選んでください。

 

あとは、糸がほつれた部分をぬっていくだけ。

 

 

どんどんほつれていかないように、少し長めに、「なみ縫い」をしましょう。心配なら、二度縫いしてください。二度縫いとは、平行してなみ縫いを二回平行して縫う方法です。イメージとしては、こんな感じで平行になります。「===========」

 

なみ縫いの参考動画です。

 

 

こちらの記事では、ズボンのお尻の破れの直し方の手順を公開しています。手順がわからない方はこちらをどうぞ(^^♪

 

⇒『ズボンのお尻の破れの直し方 手縫いでの縫い方を紹介』

 

 

生地が裂けてしまった場合の縫い方

生地が裂けてしまった場合は、生地と生地を縫い合わせる余裕があるかどうかが重要です。ここ数年、ノータックのスラックスが流行しているので、腰回りに余裕がない仕立てになっています。

 

余裕がないと、折角、縫い合わせてもまた裂けてしまうので、縫い代が確保できないのなら、「テープで張り合わせる」方が無難です。無理に縫い合わせると、座ったときに生地がひっぱられて、さらにまた裂けてしまいますよ。

 

もし、縫い代が確保できそうなら、糸を二本どりにして並み縫いしましょう。もし、できるのなら「はしごまつり」。丈夫で糸も見えません。縫い代も、なみ縫いほどいりません。ただし、手間がかかります。

 

まとめ

不意のアクシデントでズボンが破れてしまうことは誰でもあります。私の同僚も、駅の構内から転んでパックリ、スーツのズボンが破れてしまいました。

 

彼女はソーイングセットをつかって縫い合わせ、一日中お尻がかくれるジャケットを着用してなんとか乗り切っていました。

 

ひとまず、ぱっと見てわからい程度までズボンの形をもっていき、上着を着用したり、激しく動かない(足などを広げない、走ったりしない)なども併せて工夫をしてくださいね。

 

 

★こちらから補修の記事が一覧できます。

⇒『スーツやズボンの補修のやり方 記事の一覧』