この記事は約 4 分で読めます

ズボンが破れた時の縫い方 手縫いで簡単に直す方法

普通に生活をしていても、ズボンがうっかり破れてしまうことがありますよね。

 

でも、ズボンの破れは致命的かというとそうでもないんですよ!上手に縫い合わせれば、ぱっとみてわからないくらいには直せます。

 

ただ、縫い方によっては

  • 「さらに破れてしまって大惨事」
  • 「いかにも直しましたと丸わかり」

 

ということも。

 

そこで今回は、ズボンが破れてしまった時の縫い方を紹介します。手縫いなので、針と糸があれば大丈夫。ソーイングセットでささっと直せるので簡単ですよー。

 

ズボンの破れを補修したい方は、一度チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ズボンが破れた時の縫い方 ポイント

ズボンが破れてしまった時には、まず生地の状態を確認してください。生地の状態によって縫い方が変わってきますよ。

 

破れた部分の生地が

  • ・生地が薄くなっていませんか?
  • ・生地が裂けていませんか?

 

縫い合わせてある糸がほつれ程度なら簡単に直せますが、

 

「転んで裂けてしまった」「長年履いていてスレてしまった」というようなズボンは要注意。自分で無理に直して履こうとせず、プロのお直しに出した方が無難です。自分で直しても、生地がさらに破れてしまって、全く履けないズボンになってしまうかも。

 

スーツのスラックスなど高いズボンの場合は、しっかり生地の状態をチェックしてから補修をしてくださいね!

 

ズボンの破れの応急処理について

とはいえ、うっかり転んで、お尻や、股が裂けてしまった場合は、そうもいっていられません。自宅に帰るまで破れがわからなければいいわけで!無理に手縫いでなおさず、文房具など活用してのりきってください。

 

縫えないような記事の場合はこちらを参考にしてくださいね。

 

⇒ズボンが破れた時の応急処置を確認する!

 

 
スポンサーリンク
 

ズボンが破れた時の縫い方 手縫いで簡単に直す方法

ズボンの生地が丈夫でなら、手縫いでささっと直しましょう。特別な道具はいりません。コンビニのソーイングセットレベルで十分です。

 

縫い方の種類としては2つ

  • なみ縫い
  • はしごまつり

です。

 

基本は「なみ縫い」でOK。慣れない人でも、小学校の家庭科でも習っているので動画をみれば思い出すレベルの簡単さですよ。

 

ただし、なみ縫いは簡単ですが「生地に余裕」がないとできません。デザイン的に「生地がギリギリ」だったり「縫い代が取れない」場合は、破れを縫い合わせる「はしごまつり」をおすすめします。はしごまつりの方が難易度高めです。

 

ズボンの補修をするときの、糸は生地と、できるだけ近い色を選んでください。ぴったりする色がない場合は、

  • ・生地が暗い色の場合は・・・・色が濃い糸
  • ・生地が薄い色の場合は・・・・色が薄い糸

を選ぶと、お直しした部分が目立ちにくいですよ。

 

なみ縫いのコツ(簡単な縫い方)

なみ縫いのわかりやすい動画です。

 

【動画時間 約1分】

 

3㎜から4㎜程度の感覚でぬっていくと綺麗に仕上がりますよ。

 

なみ縫いを実際にやってみた写真

 

↓黒い布を、縫い目をわかりやすくするため「白い糸」を用意しました。

 

糸は50㎝程度で切り、二本取りにします。二本取りは、針に糸を通して端と端を結び輪っかにして、縫い目を「二本」にするやり方です。写真は2本取りにしていますよ。

 

↓動画のようになみ縫いをしました。

動画のように上手じゃないですが(^_^; 耐久性はあるので大丈夫です。

 

↓お尻など「絶対に破れてほしくない」部分は以下のように二重に縫います。

ある程度、生地が丈夫で縫い代が確保できないと、こういった縫い方はできません。逆に破れてしまいます。注意してくださいね!

 

↓縫い合わせの目です。ほとんどわかりませんよね?糸が白なので所々見えますが、生地の色がちかければ目立ちません。私のなみ縫いレベルでも、この程度は補修できます。

 

 

はしごまつりのコツ(縫い目が見えない縫い方)

縫い代があまり確保できないなら、「はしごまつり」がおすすめです。丈夫で糸も見えません。縫い代も、なみ縫いほどいりません。ただし、なみ縫いより手間がかかります。

 

【動画時間:約1分30秒】

 

 

はしごまつりをを実際にやってみた写真

↓先ほどと同じ黒い布2枚と、白い糸ではしごまつりをしました。

 

 

私が下手なのと、糸の色が目立つのガタガタですが、はしごまつりは本来「縫い目が見え ない縫い方」です。丁寧に塗って、そっと糸をひくと、動画のように縫い目は見えなくなりますよ。

 

私が縫ったのは、下手なのでちょっとガタガタですが、しっかり縫い合わさっています。縫い代がギリギリでもいけます。ただ、生地が薄くなっていたり、弱っていると厳しいと思います。お尻など裂けてしまって縫い代などが確保できない時は、「はしごまつり」がおすすめですよ。

 

 

★やっぱり自分で直すのが面倒だと感じた方はこちらをどうぞ★

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

はしごまつりはちょっと難易度が高いですが、なみ縫いは、とっても簡単なので、いろいろな補修に応用ができますよー。2本取りにして二重に縫えば耐久性もでますので、手縫いでもしっかりしていて安心です。

 

こちらズボンの股のスレの補修や、お尻の破れの補修などを実際にしてみた記事です。どの程度の補修具合になるのか、チェックしてみてくださいね。