この記事は約 4 分で読めます

出窓の目隠しのアイデア 100均やdiyで室内から簡単に設置する方法

出窓の目隠しのアイディアを紹介しています。100均や簡単なdiyで目隠しする方法です。

コストと手間をかけず、できるだけ簡単に済ませたい方は是非チェックしてくださいね。

スポンサーリンク

出窓の目隠しのアイデア

出窓の目隠しですが、

  • 出窓の大きさ
  • 賃貸物件のお部屋かどうか

によって目隠しの方法の範囲が変わってきます。賃貸物件だと退去の時に原状回復しないといけないですからねー。できるだけ、釘などを打ち付けない方向で考えていきましょう!

 

持ち家の方でも、できれば家自体に傷をつけたくない、と考えてる方は参考になさってくださいね。

 

出窓の目隠しアイデア 100均やdiyで室内から簡単に設置する方法

 

100均のアイテムはかなり優秀なので、ケースによっては100均だけで目隠しができてしまうかも。

 

ただし、窓の大きさや部屋の環境によっては材料を調達して「幅や丈が足りない」「耐久性に問題があり」も考えられるので、基本100均で!不足・不便したのならホームセンターなどで調達してくださいね。

 

 

出窓の目隠し 100均をつかった場合

100均のアイテムをつかった出窓の目隠しのアイディアです。

  • ・つっぱり棒
  • ・カーテン
  • ・マグネット
  • ・マジックテープ
  • ・目隠しシール

小窓の場合は、つっぱり棒+カーテンがおすすめです。

 

 

↓こんな感じです。

カーテンは普通の布でも大丈夫ですが、「室内を絶対に見せたくない」場合は「ミラーレース」カーテンを調達しましょう。

 

我が家は見せたくない+暑さ対策としては夏は「遮熱カーテン」、冬は「ミーラーレースカーテン」を取り付けています。つっぱり棒は100均、遮熱カーテン+カーテン自作の器具は大手の洋裁店で購入しました。

 

すべて100均で済まそうとするなら、

・カフェ用のカーテン(つっぱり棒を通す穴があいてるものがあります)

 

がおすすめ。色柄もかわいく、モノクロや英字のプリントが印刷されているカーテンもありますよ!ただし、機能的にはちょっと物足りないかも。特に、暗くなると外から透けてみえてしまうかもしれません。

 

人通りの少ない(けど丸見えは気になる)位置の出窓などには、おしゃれで便利ですよー。

 

また、つっぱり棒のサイズが合わない場合は、

  • ・マグネット
  • ・マジックテープ

で取り付ける方法があります。これは両面テープをつかって貼り付ける方法ですね。重要のある布やカーテンは取り付けはできませんが、小窓なら対応できますよー。

 

両面テープは、剥がした時のことを考えて、剥がし後がのこらないものが便利ですよー。ちょっとくらいの傷を気にしないのなら、画鋲でさしちゃってもいいかもしれません。

 

あとは、目隠しシールです。100均だと「すりガラスシート」が活用できますよー。こちらもサイズあえばおしゃれで可愛く仕上げられるのでおすすめです。

 

 

ただし、部屋や窓の向きによっては

  • ・すぐはがれてしまう
  • ・はがした後の窓ガラスに粘着剤がついて取れない

など考えられます。特に西側・南側の日差しの強い出窓ですね。折角かっても、ベロンとはがれてしまったら意味ないです。

 

逆に、全然はがれなくてこまったり、はがれてしまっても退去するときの窓掃除が大変になったりと、イロイロトラブルがおきるかもしれません。すりガラスシートは、取り扱いに注意してくださいね。

スポンサーリンク

 

出窓の目隠し diyの場合

 

もう少し手間や費用をかけてもいいので、しっかり目隠ししたいという方はdiyで。

 

目隠しとして多いのは、

  • ・すのこ
  • ・カーテン
  • ・目隠しシール

ですね。すのこは、出窓に柵のようにならべ屋内からはインテリアとして楽しみ、屋外からは目隠しとして活躍できるようにしています。これはスノコとスノコをジョイントされるため、ボンドや電ドルなどが必要になりますねー。

 

インテリアと兼ねる場合は、基本出窓は「開けない」ことを前提になっているので、出窓で換気をしたい方には向かない方法です。

 

あとはカーテンです。つっぱり棒がつかえない大きさの出窓でも、ちょっとした工夫でカーテンがつけられますよー。我が家は、夏場は目隠し+暑さ対策で「シェード」を取り付けています。100均のグッズを利用をして、軽く(笑)diyしてます。

 

ミラーカーテンや目隠しカーテンに応用できますよー。

 

⇒『出窓の日除けを内側に設置する方法 屋内にシェードを簡単に取り付け!』

 

あと、貼り付けガラスに凹凸がなく、貼り付ける手間や道具をそろえるのに惜しまないなら、こんな商品もあります。

 

▼▼

 

張り直しができ、糊の移りがない商品です。オーダーカットなので、無駄がなく見積もをとることもできますよー。

 

10㎝の正方形(0.01㎡)34円なので、100均よりは割高です。機能性や後々面倒になることを考えて確実に目隠ししたい!という方向きの目隠しアイディアです。

 

 

出窓の目隠しのアイデア まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

我が家は、通りに面した道に出窓があり、丸見えでかなり困っていました。しかも西側なので西日がきつく、何度もカーテンやすだれなど交換して出窓の目隠し&日除けの対策をしてきました。

 

失敗を通して学んだのは、

「やっぱりお金をかけてでも、ここは絶対に防ぎたい!」と感じる部分は手間とお金を惜しまないこと。特に、目隠しは防犯の意味でも重要ですので、個人的には手抜きはしないほうがいいと思いますよ。

 

今回紹介したアイディアを活用してみてくださいね。