この記事は約 4 分で読めます

バレンタインは花言葉を花束に!恋愛に関する花の意味の一覧をご紹介

お花の種類だけではなく色や本数によっても花言葉には隠された意味があります。

 

薔薇だけでなく、チューリップやガーベラにも意味があるのですよ。

 

そこで、今回はバレンタイン向けに、好意をあらわず花・その花言葉を集めました。私達がよく目にしているお花にはどんな意味があるのでしょうか?

 

花言葉を知って、お花を贈る人や、受けとる人の気持ちをそっと想像して楽しんでくださいませ。

 

スポンサーリンク

 

バレンタイン向けの花言葉の一覧

バレンタインに相応しい花言葉をもつお花を、セレクトしました。

  • ひまわり
  • ガーベラ
  • チューリップ
  • スィートピー
  • 薔薇

 

色よって花言葉の違いがある花もありますよ(^^♪

 

ひまわりの花言葉

  • ひまわりの花言葉は「あなただけ見つめてる」

 

さらに「小輪ひまわり」には「輝き」といった意味もあります。ひまわりだけの花束は、なかなかみたことないので、小輪ひまわりをつかってアレンジしてもらう素敵ですね。

 

 

ガーベラの花言葉

  • ガーベラの花言葉は「希望」「常に前進」

 

好意を伝えたいときには

  • ピンク・・・「感謝」「崇高美」(気高くて美しい事)
  • 黄色・・・「究極愛」(一番好き)

「あなたに、まいちゃってる、首ったけ」ってニュアンスが伝わってきます。

 

 

薔薇よりも親しみやすいですし、かわいらしい感じの花なので、告白やプロポーズまで格式ばった告白じゃない場面でも使えますね。さりげなくプレゼントするにはもってこいの花です。

 

 

もうちょっとフランクな好意なら

  • 黄色いガーベラ・・・親しみやすい

も素敵ですよ。

 

 

スィートピーの花言葉

    • スィートピーの花言葉は「門出」「別離」といった意味があります。

     

    色々な意味を含む花言葉をもつお花です。

 

好意を伝えたいときには

  • 白・・「ほのかな喜び」「優しい思い出」
  • ピンク・・・「恋の愉しみ」

 

スィートピーは、小さくて、慎ましい印象のを与えるお花なので、アレンジにそっと添えてもらうと可愛い印象に仕上がりますよ。

 

※スィートピーといえば、松田聖子さんの「赤いスィートピー」イメージしますが、赤いスィートピー自体、花言葉としては特にないようです。歌詞のイメージから「不器用なあなただから好き」という切ない恋心が伝わる歌ですよね。古い曲ですが、時代を超えた名曲なので、この曲のイメージとスィートピーを連想する人も多いと思いますよ。

 

チューリップの花言葉

  • チューリップの花言葉は「思いやり」

 

 

ただし、チューリップは色や本数によって意味が違います。

 

  • 赤・・・愛の告白
  • ピンク・・・誠実な愛

 

逆にNGな色もいつかありますので、ご注意ください。

  • 白・・・失われた愛/失恋

黄色・・・実らぬ恋/正直

 

 

ちょっと微妙な色の意味もありました。

  • 紫・・・不滅の愛

 

チューリップはメインに花束のメインになる存在感のある花なので、きっちり色をチェックしておきたいですね。

 

薔薇の花言葉

    • 薔薇の花言葉は「愛」「情熱」

 

ただし、薔薇の花言葉は色で違いがあります。

  • 赤・・・「愛情」「あなたを愛しています」
  • 白・・・「純粋」「純潔」
  • ピンク・・・「上品」「恋の誓い」

 

逆にNGなのはこちらです。

  • 黄・・・「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」

 

 
スポンサーリンク
 

花束の本数にも意味がある

花束にする花の本数にも意味がありますよ。色々は花をアレンジするのも素敵ですが、一種類の花で花束を作るのも素敵。

 

プロポーズや告白のときなどに、気持ちをガツンとアピールときに効果的です。

  • 1本・・「ひとめぼれ」
  • 3本・・「愛の告白/愛しています」
  • 7本・・「秘められた愛」
  • 11本・・「最愛の人」
  • 99本・・「永遠の愛」/「ずっと一緒にいて欲しい」
  • 108本・・「結婚してください」

 

花屋での薔薇1本あたりの値段

ちなみにですね、告白やプロポーズの定番に使われる薔薇一本あたりのお値段を紹介します。

 

  • 200円~300円程度/1本

 

デパートやホテルの中の花屋さんだとお値段あがりますし、関東圏だとお花の値段って高いのでもう少し値段があがるかも。

 

簡単に1本300円で花束のコストを計算しました。

  • 1本・・・300円
  • 3本・・・900円
  • 7本・・・2,100円
  • 11本・・・3,300円
  • 99本・・・29,700円
  • 108本・・・32,400円

 

薔薇108本で32,400円高いと感じるか、安いと取るか。私は安いと感じます。プロポーズは一生に一度ですからね。写真館に駆け込んで記念写真とりたいくらいです(笑)

 

 

でも、11本で3,300円は正直、(主婦の感覚からすると)高いと感じますね〰。薔薇以外のお花なら、同じくらいのお値段で、ボリュームある花束つくれますよ。一応、ご参考までに値段を計算してみました!

 

 

★関連記事⇒『バレンタインのお菓子の意味一覧 クッキーから高級マカロンまで!

まとめ

バレンタインにお花をプレゼントするフラワーバレンタインが注目されていますよ。海外では、男性から女性にお花を贈るのはメジャーな行為だそうで。

 

日本でもかなり力をいれつつあるイベントです。

 

男性だけでなく、女性も、

「バレンタイン。お花を添えようかな、ちょっと直接告白するのは勇気ないし」と思うのなら、そっと1輪お花を添えるのもいいかもしれませんね。

 

お互い気持ち好意をもっていて、察しのいい相手なら、気持ちに気がついてくれる可能性が高いかなーと思います(^^)/

 

>>バレンタインに関する記事の一覧 お菓子の意味など