この記事は約 4 分で読めます

夏休みの自由研究の5年生の社会のテーマ!おすすめ4選を紹介!

夏休みの自由研究で、小学校5年生向けの社会や調べ学習について情報を集めました。
おすすめのテーマを紹介しています。

 

夏休みの自由研究で社会に挑戦してみようと考えている方はチェックしてくださいね。

工場見学や博物館にいった時の自由研究への応用も紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

 

夏休みの自由研究 小学校5年生で社会を選ぶポイント

夏休みの自由研究のジャンルで社会を選ぶメリットは

  • 理科の実験や工作と違い材料が少ない
  • 旅行やお出かけ先(博物館や資料館)
  • 情報収集や調査力が養われる
  • 物事を全体で考える力が養われる

 

実験や工作は、材料費や時間がかかりますが、社会は材料費が少なくてすみます。思い立ったら、すぐ取り組めます。

 

また夏休みの旅行や、お出かけ先に博物館や資料館を選べば、その場で情報を集めることができます。展示物や解説を写真とったり、パンフレットや資料を持ち帰ってくれば、後日のまとめ資料としても活用できます。

 

本やインターネットをつかい「調べたこと」の情報を集めていくので、「どちらの情報が正しいの?」「2つの情報からわかることは?」と、全体から1つの結論を導き出す力が養われます。

 

きっちり「調査をして」「まとめあげる」ことができればOK!

 

社会は集中すれば、ほかの自由研究のテーマと比較し、短い時間で「形」にできる自由研究ですよ。

夏休みの自由研究の5年生の社会のテーマ!おすすめ4選を紹介!

小学校の高学年にはいると、自由研究で求められるレベルが変わってきます。絵や図よりも文字が中心になり、自分の考えを文章しなくてはいけません。

 

調べた後、「何がわかったのか」を文章でまとめることができるテーマを選びましょう。

自由研究5年生テーマ!マークを調べる

身の回りのパッケージについて調べるアイディアです。

 

【具体例】

  • ・エコマーク
  • ・アルミかんマーク
  • ・グリーンマーク
  • ・再生紙使用マーク

どんな表示があるのか、どんな意味があるのかを調べます。スマホで写真をとったり、市のゴミの資料なども活用できますよ。

 

例えば、エコマークがついているものは何があるのか?それとも身近なマークを全部書き出して意味をつけていくのもOK!

 

自由研究5年生テーマ!食品表示を調べる

食品の表示について調べるアイディアです。

 

【具体例】

  • ・賞味期限と消費期限の違い
  • ・食物添加物の種類

賞味期限と消費期限の品目を調べます。一週間の買い物した食品の中で「賞味期限のモノ」「消費期限のモノ」と分けて考えて、結論を導き出すのも面白いですね。

 

食品添加物は、膨張剤、凝固剤、ガムベース、調味料、甘味料など。入れる目的を調べます。それぞれ目的別にまとめましょう。

【ヒント】食品添加物は大きく3つに分けられます

  • ・食品を作る上でどうしても必要なもの(固まらせるなど)
  • ・食品の味を良くしたり見た目をよくするもの(香りをつけるなど)
  • ・食品を長持ちさせるために入れるもの
スポンサーリンク

 

自由研究5年生テーマ!農業やものづくりを調べる

 

観光や工場見学・博物館の見学と関連させるアイディアです。

 

【具体例】

  • ・農業
  • ・野菜
  • ・自動車産業

米作りや自動車産業などを学習するので、博物館や観光する機会があったらぴったりですね。「面白いですね(^^

 

例えば、

  • ・夕飯(カレー)につかった食材の産地を調べる
  • ・「あきたこまち」「ゆめぴりか」などお米の種類を調べる
  • といった身近な切り口から産地を調べていくと、まとめやすいですよ。

 

スズキの歴史館は、工場見学のような展示物があります。どのように車づくりがされているのかなど勉強できます。こういった博物館にいくとパンフレットや資料が一日でそろいますので、情報収集としてオススメです。

 

参考に⇒スズキ歴史館の感想!子供でも楽しめるか口コミをチェックしてきた

 

自由研究5年生テーマ!歴史を調べる

 

地域の歴史を調べるアイディアです。

  • ・神社やお寺
  • ・小学校
  • ・地域の偉人や歴史上の人物

歴史をテーマに選んだ場合、年表にまとめあげるのがおすすめです。

 

地域の図書館に詳しい本がありますので、調査もしやすいですね。町の資料館には、昔の街並みの写真などがありますよ。「自由研究に使いたいのでコピーーしてもいいですか?」と職員の人にきいてコピーをしましょう。

 

 

図書館で、どの本がいいかわからないときは図書館の人に相談しましょう。

「〇〇を調べたいですが、どこにありますか?」

「〇〇を知りたいですが、どんな本を選べばいいですか?」と相談すると、

ぴったりの本を選んでくれますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

1つのテーマにとりくんでも、なかなか思うように進まない場合は、テーマを広くすると書きやすいです。小学校の歴史を調べ始めたけど、さほど資料がなかった場合は「町の歴史」に変えてみるなどの工夫をしてくださいね。