この記事は約 4 分で読めます

夏休みの自由研究の高学年向けまとめ方を解説!社会科のコツは?

夏休みの自由研究の高学年向けのまとめ方を解説しています。社会や調べ学習のまとめのコツや項目を紹介しています。

 

具体的にどうやって書いたらいいかイメージしにくい方は、参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

 

 

夏休み自由研究の高学年向けまとめ方

小学校高学年の自由研究は

  • 調査・実験の力
  • まとめる力
  • 文章力

 

自由研究のテーマも、低学年や中学年とくらべると難しくなります。本や資料を映しただけではなく、いろいろな情報を比べたり、選ぶ力が求められます。さらに、選んだ情報から「まとめていく」力も必要です。

 

絵や図をメインにしてまとめていくのは、低学年や中学年向けのまとめ方です。高学年の自由研究は、イラストや図だけではなく、自分の考えや感じたことを文字にしてくださいね。

 

自由研究のまとめ方の社会の場合

自分の考えや感じたことをうまくまとめていくためには、準備が重要です。

 

まずは、どのような形で学校に提出するかを決めましょう。

 

提出する形は

  • ・模造紙
  • ・スケッチブック
  • ・巻き物
  • ・スクラップブック

などです。※学校の指定があれば指定に従ってください。この中で社会や調べ学習は、「模造紙」や「スケッチブック」で提出することが多いですよ。

 

 

提出する形をきめたら、調査した内容をまとめていきます。社会や調べ学習の場合は、調べた内容のまとめ方は、大きくわけて2つあります。

  • ・時系列(時間順)
  • ・カテゴリ別(種類別)

 

年表のように時間順に並べていく方法を時系列といいます。例えば、「巻き物」として提出したいな~と考えたら、時間順に並べていくと見やすくてわかりやすいですね。歴史をテーマに選んだ人はおすすめの形ですよ。

 

 

種類別にまとめていくのをカテゴリ別といいます。例えば、世界の国旗を調べた場合、似たもの同志の国旗を集めて、どんな共通点があるかまとめていくのはカテゴリ別のまとめ方です。模造紙でパッと見やすくまとめると、わかりやすいですね。

 

 

また、工場見学をテーマに選んだ場合は、

  • ものが作られていく順番ごとにまとめていくのは時系列
  • 「エコ」「リサイクル」など見学した内容の一部に注目するのならカテゴリ別

 

 

実際に切り貼りできる資料が手元にあるのなら、

  • ・写真やパンフレットなど現物があるのならスクラップブック
  • ・工場の工程を1ページ事にを説明していくのなら、スケッチブック

という風に、何をどんな風にまとめていくのかをイメージしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

自由研究のまとめ方のコツ

最終的な出来上がりがなんとなくイメージできたら、細かい準備にはいります。

 

自由研究は、ある程度の決まった「形」があり、その形に沿って書いていくとうまく仕上がります。その形は「自由研究のまとめ項目」と呼ばれています。決まりではないので形どうりでなくてもかまいません。進め方の参考にしてくださいね。

 

自由研究のまとめ方コツ!まとめ項目

 

社会科のまとめ項目の例です

  • きっかけ
  • テーマ
  • 準備したもの
  • 調査の方法
  • わかったこと
  • 反省したこと
  • 参考にしたもの

この項目について自分の考えや感じたことを文字でかきましょう。最初は別の紙にかいておくといいですよ。

 

自由研究のまとめ方コツ!具体的な書き方

まとめ項目の書き方の例です。

 

【きっかけの書き方】どうして、それを調べようと考えたかを書きます。

  • ・「なぜだろう?」・・・〇〇を不思議だとおもったので調べました
  • ・「~してみたい」・・・〇〇だったら、いいなと思ったので調べてみました

たとえば、例えば、静岡の特産物のお茶を例にすると

 

「(静岡)に旅行にいって(お茶)が特産物だと知りました。家の近くでは(お茶)が沢山とれると聞いたことがありません。どうして、(静岡)では(お茶)が、おいしくて沢山とれるのか調べてみました」

 

 

【テーマの書き方】 どんなことを調べたか書きます。

 

例えば、静岡の特産物のお茶を例にすると

  • ・静岡はお茶を栽培するのによい気候なのかと考えて、静岡の気候を調べることにしました。
  • ・静岡のお茶を栽培するようになったのは、どれくらい前からなのかを調べることにしました。

 

 

【調査の方法の書き方】どのように調べたかを書きます。

例えば、静岡の特産物のお茶を例にすると

  • ・静岡のお茶の資料館にいきました。
  • ・図書館でお茶の歴史について調べました。

 

 

「テーマ」の部分で、で自分が知りたいと思ってることをかいているので、それを知るために、自分が何をしたのか、どのように調べたのかを書いていけばOK。

 

 

【わかったことの書き方】調査した内容をかいていきます。先ほどの「年表形式」「工程別」など、調べた内容を書く形式を決めておいたので、スムーズに書けますね。

 

最終的には、自分が理解したことをかきましょう。

  • ・〇〇だと思います
  • ・〇〇だと気がつきました

 

 

【参考にしたもの書き方】参考にした本(題名と出版社)、WEBサイト名、訪れた博物館などの名前を書きます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ある程度の形にそって書いていくと、自由研究もうまく仕上がります。

 

 

自由研究の関連記事です。

自由研究で小学生向け書き方 模造紙のレイアウトや文字の大きさ紹介