この記事は約 3 分で読めます

作業着が破れた時の縫い方 手縫いで簡単に直す方法!

作業着の破れた時の補修の方法を紹介しています。手縫いで簡単に直せる方法です。昔、亡くなった、おばあちゃんがこの方法で直していました。

 

写真付きで、手順を後悔していますので、是非参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

作業着が破れた時の縫い方 手縫いで簡単に直す方法!

作業着はお仕事で着る服なので、耐久性があるようにお直ししましょう。

 

破れた部分の生地の状態はどうなっていますか?破れ方によって生地の状態がちがいますよ。

 

作業着の「破れ」で多いのが

  • ・肘や膝などがスレて生地がうすくなって破れた
  • ・何かに引っかけて破れた「かぎ裂き」

スレで生地が薄くなって破れた時は、破れた穴を塞ぐだけではNG。生地が薄いので、別の部分が、すぐに破れてしまいますよ。生地が薄くなっている全体をカバーするような補修をしましょう。

 

普段から力がかかっている場所なので、しっかり補修をしておくと「補強」も兼ねられます^^

 

また、何かに引っかけて破れた「かぎ裂き」は、外から力がかかって破れたので、生地自体は丈夫なはず。普段から力がかからない場所なら、穴を塞ぐだけでもいいかかもです^

破れの状態をみて、お直しの程度を変えてみてください。

作業着が破れた時の直し方 準備する物

  • 待ち針
  • 生地を補強する布

糸はできるだけ生地と近い色を用意してください。色が違いすぎると補修の後が目立ちます。

 

補強する布は「穴」が空いていなければ、薄くて丈夫な布がおすすめ。補強する布が分厚いと、作業着を着たときにゴワゴワしたかんじになります。

 

もし穴があいて、補強の布が見える状態なら、同じ作業着の布を。なければ色が近い物を用意してください。

 

 

補強する布は、補強したい部分の二回り大きいくらいのサイズあればOkです。角は、写真のように「丸く」してカットしてください。ズボンをはいた時に「肌にあたり」ツンツンしなくて済みます。

 

また、補修をする前に、破れた部分を「アイロン」でおさえておくと補修がしやすいです。ほつれた糸なども、糸切りばさみできりとって「破れ口」を綺麗にととのえてくださいね。


 
スポンサーリンク
 

 

作業着が破れた時の縫い方

↓作業着を裏返し、当て布をあててからまち針でとめます。

 

 

↓作業着を表にかえして、まち針に気をつけて、ぐるっと破れを閉じるように「なみ縫い」でぬってください。縫えたらまち針をはずしてもOKです。

 

↓できるだけ細かく写真のようにジグザグに縫っていきます。ぐるっと縫った縫い目を覆い被せるような縫い方です。

 

↓裏です。当て布が少し大きすぎたので、カットしました。

 

↓これで出来上がりです。

 

★自分で直すのが面倒・仕上がりが不満だと感じた方はこちらをどうぞ★

まとめ

手縫いだと手軽で簡単に取り組める反面、ちょっと出来上がりが「つたない」感じになります(^_^;

 

「やっぱり仕上がりをもうちょっと綺麗にしたいなー」という方は、ミシンでの補修をおすすめします。手順は同じなですが、より目がこまかくジグザグを何度もやれるので、耐久性はあがりますし、縫い目がそろうので、見た目が綺麗に仕上がります。

 

 

もし破れが小さいなら「アイロン補修テープ」でもいいかもです。補修テープは、100円均一でも販売していますが、薄さや色などに、ラインナップは少なめです。

 

こちらセリアの補修シートをつかって、ズボンの小さな穴を補修した記事です。仕上がりの写真のせてますので、興味のあるある方はぜひどうぞ^^

 

⇒ズボンの穴の補修 セリア補修シートをつかって直してみた!