この記事は約 7 分で読めます

シャツ着丈の直し方 丈詰めの縫い方ややり方の手順を紹介

せっかく買ったシャツのサイズが合わないとがっかりですよね。丈が長いとダサイ印象になってしまいます。

 

「でもシャツの着丈だけで、お直しに出すのには、ちょっともったいない」

 

 

とも思ってしまいます。ユニクロで千円ちょっとの金額で、お値打ちに購入してきたネルシャツだったりするとなおさらです。そこまでして、直すべきか??

 

 

丈詰めくらいなら自分で直せますよー。手順とコツさえ押さえれば簡単です!

 

 

今回は、私が実際に行ってたセルフのお直しの縫い方や手順、失敗しやすいポイントを写真付きで公開します。素人ですが、家庭で着用するには十分です。

 

 

丈さえ直せば、気に入ったシャツを気分よくきれますので、ササッとセルフのお直ししてみましょう!

スポンサーリンク

シャツ着丈の直し方のポイント

シャツの着丈直しをする確認する点が2つ。

  • シャツの形
  • シャツの素材や色

です。シャツの形でお直ししやすい形と、しにくい形があります。とくにサイドをチェックしてください。ごく普通の三つ折りされているカーブだけなら、やりやすいです。

 

でも、ちょっと変わったデザイン

  • ・スリットが入ってる
  • ・立体構造になっている

だと、自分でお直しするのはむつかしいかも(´;ω;`)

 

あと、シャツの素材や色です。シャツは「ポリエステル」など薄い素材だと扱いずらいです。ペラペラ・ツルツルしている素材だと滑ります。また、色によってはお直し跡の糸が目立つこともあります。

 

 

いわゆる素人のお直しなので、ある程度のレベルになっちゃうのは仕方ないです。「薄手や厚手」の物や、ミシン糸が目立つ「単色」のシャツはお直しするときに注意してくださいねー。

 

 

自分でお直ししやすいのは、

  • ・綿のシャツやネルシャツなど、すべりにくく、ある程度の厚みがある生地
  • ・チェックのシャツなどの柄シャツ

です。チェックだったら全然、余裕です(笑)多少、縫い目が曲がっていても気がつきません。自分で直せそうかなーと思ったらチャレンジしてみてくださいね(^^♪

 

やっぱり、

「バッサリ切ってしまうのが怖い」寸分たがわず「デザイン通りに丈詰めしたい」い時は、お洋服のリフォームのお店に相談してみてくださいね^^

 

洋服のお直しをどこに持ちこめばいいかは、こちらからどうぞ(^^♪

スーツが破れた時の直し方 おしりの破れや股の補修はどうする?

 

 
スポンサーリンク
 

シャツの丈詰めの縫い方・やり方の手順のポイント

丈詰めの大まかな手順としては「詰める丈を決める」「ラインを決める」「カットする」「縫っていく」の4工程です。

 

ただ、詰める丈を決めたら

  • 全体のバランスをチェックすること

シャツのデザインによっては、後ろのお尻部分だけながかったり、前と後ろが同じ丈だったり、違いがあります。

 

うっかり丈を直してしまって、

 

  • 「あれ??前こんなに短かったっけ?」
  • 「横はこんなに短いのは恥ずかしい!」

 

と失敗しないように「全体に2㎝詰める」と決めたなら、2㎝つめた場合の「横」「後ろ」「前」のバランスをチェックしてください。

 

プロじゃないので、厳密じゃなくてもいいと思いますが、やっぱりあまり短いとダサくなっちゃいます(;^_^A 丈が短いと、子供っぽくなる感じです。

 

シャツの着丈直しを自分でする時に用意するもの

  • ・アイロン
  • ・アイロン台
  • ・ハサミ
  • ・ものさし
  • ・チャコペンシル
  • ・ミシン
  • ・針
  • ・ミシン糸
  • ・しつけ糸

 

シャツの縫い合わせと同じ色のミシン糸を使ってくださいね。今回、ミシン糸は白をつかいました。しつけ糸は100(ダイソー)商品です。

 

あと、チャコペンシルは自然に消える(洗うと取れる)タイプのものをつかいました。。1本もっておくと便利です。ガンガン間違えてもOK!

 

シャツの着丈詰めの縫い方 ミシンか手縫いか迷ったら

シャツの着丈ですが、縫い方は手縫い OR ミシン2通りあります。どちらでも治せますが、今回、私はミシンをつかいました。。夫のシャツなので、彼の要望です。

 

ミシンのメリットは

  • ・ミシン目が表からみえる
  • ・詰めた後の折り返しの押さえがになる

です。

 

ミシン目が表から見えなくてもいいなら、手縫いでもOK!(と個人的には思います)

 

 

ミシン目が見えている方が、カジュアルな雰囲気になります。あと、ミシンの方がやっぱり丈夫な感じはしますねー。

 

 

半面、ミシンは上手く縫えないと、縫い目がグニャグニャしてかっこ悪い仕上がりに。(´;ω;`)

 

 

慣れない方は、手縫いの方が無難な仕上がりになりますよ。ご自身の手芸の腕前の応じて「ミシン」と「手縫い」を使い分けてください(^^♪

 

 

今から作業の工程を公開します。途中までは手縫いとミシンと工程自体は同じなので、どちらの方法も参考にしていただけます。最後までみていただいて、どちらにするかを決めていただいてもいいかもです(*´з`)

 

 
スポンサーリンク
 

 

シャツの丈詰めやり方の手順

↓①着丈をどのくらい短くするかを決めます。短した時のシャツをイメージして、前・横・後ろから「短すぎないか」を最終確認してください。

 

 

今回は、コチラの1200円程の特化価格で購入したユニクロ ネルシャツを直します。

 

 

 

↓②今回は6㎝ほど全体を詰めていきます。正面のボタン合わせの部分に「ものさし」を垂直にあて、6㎝の部分に「出来上がりの線」の印をつけていきます。

 

 

↓③物差しを、シャツのカーブにそって少しずつずらしていきます。6㎝の部分に、紫の線が少しずつ見えますよね?これが出来上がりの線です。チョンチョンチョンと少しずつつけえていき、最終的につなげていくような感じです。

 

 

↓④6㎝の出来上がり線の下に仕上がり線をひきます。先ほどの6㎝よりも1.5㎝程下にもう1本ラインをひくと綺麗に仕上がりますよ。

 

出来上がり線の6㎝の1.5㎝下ということは、裾からの長さは4.5㎝になります。③の作業を行い4.5㎝のラインを引いてください。

今回は1.5㎝にしましたが、この幅が広ければ広いほど、縫う時に簡単になります。でも、正直、幅が広いとかっこ悪いです。かといって狭すぎると、難しい(´;ω;`)

だいたい、1.5㎝くらいが仕上がり的にも作業的にも問題なくできるレベルかなーと思います。器用な方なら、1㎝でもOKだと。

 

 

 

↓⑤ ④でつけた印にそってハサミを入れます。ハサミは下の写真のように、刃の中ほどで切っていくのがコツ。最後まで「チョッキン」とハサミを全部閉じずに、ハサミの刃を少しずつ閉じながら、ハサミを移動をさせて切っていきましょう。

 

 

 

↓⑥ ③でつけた出来上がり線にそって、アイロンをかけます。当て布をあて、スチーム機能をしっかりつかってアイロンをかえてください。

どんな布を当て布にするかは、こちらの記事で詳しく書いてます。参考にどうぞ(^^♪

ズボンの滑り止め付け方 滑り止めテープをアイロンで接着する方法

 

 

 

↓作業はすこーしずつ折ってはアイロン、折ってはアイロンの繰り返し。とくにカーブの部分は折る幅を細かくしてアイロンをあてていくのがコツ。綺麗にカーブが出ますよ。

 

 

 

↓⑦折り目をさらに半分にし、⑥の作業と同様アイロンをかけて折り目をつけます。裾のきりっぱなし部分が三つ折りでくるまれます。

 

 

 

↓⑧しつけ糸で固定します。待ち針よりも断然しつけ糸の方が作業がしやすいので、ひと手間かけてください。しつけ糸がない場合は、ミシン糸で代用してもOK(もったいないですが)。下の写真のように、糸で布を救い上げる感覚を長くとってください。

 

「———— ————」みたいなイメージです。真ん中よりちょっと上くらいに縫うとベターです。

 

ここから、ミシンと手縫いで工程が違います。手縫いで縫う場合は、こちらを参考にしてください。まつい縫いの縫い方を詳細に書いた記事です。後半から参考にしていただけます。

⇒『ズボンの裾上げ 手縫いで簡単に切らないでする方法

 

 

↓⑨ミシンをセットし、上糸と下糸の調整がうまくいっているかをチェックします。布の厚さや素材によって、上と下の糸のひっぱり具合が変わってきますので、ミシンを使う場合は必ずチェックしてくださいね。

 

試し縫いは、先ほど切り落とした布を使ってください。

 

 


 

↓⑩針を落とす位置を決めます。おおよそ折り目の部分から1ミリ外側がきれいに見えます。下写真の位置で、わかりますかね?位置をきめたらゆっくり針を落とします。

 

 

特に最初のスタートは、布が分厚くなっているので、(ミシンのパワーにもよりますが)ひっかかりを感じることが多いです。布をひっぱらない程度に、ゆっくりと両手で布に力をかけ、押し出すように縫いだしてください。

 

 


 

 

↓⑪縫いだしの様子です。最初はゆっくり、途中からは、ややゆっくりで。カーブの部分は慎重に布をずらしつつ位置を調整して縫ってください。失敗したくないとおもって、あまりミシンの速度を落としすぎると、逆に「ぐにゃぐにゃ」のミシン目の仕上がりになってしまうので、適度な速さは必要です。

 

 

↓出来上がりの画像です。丈自体は短くなっているですが、一番下のボタンの位置がやっぱりかっこ悪いですよね(´;ω;`)

 

 

丈直しってこういうことが起きるので、普段着にはいいんですが、余所行きのお洋服は慎重にやらないと、です。

 

 

 

↓着用の画像です。「普段着だし、作業着の下にきるからいいよー」と夫にはいってもらえました。こういう着こなしなら、不自然ではありませんね。

 

 

道具をそろえたり、自分で直すのは面倒という方はこちらをどうぞ。格安の着丈直しのショップさんを紹介してます。

 

★関連記事⇒『洋服のお直しはネット宅配できる?おすすめは?料金はいくら?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

丈詰め自体はさほど難しくない作業ですが、全体のバランスをとるのが難しいです。さすがにボタンホールの位置をかえたり、まではちょっと素人では難しいかと。

 

不器用な私でもこの程度はできましたので、お手持ちのシャツでちょっと丈が長いかなーと思う方は是非チャレンジしてみてください。

 

追伸:ちなみに、この後、LLビーンのオックスフォードシャツを同様に丈詰めしました。デザイン的にもボタンの位置的にも全然問題ありませんでした。詰めた後もさほど影響のないデザインもあるようです。

 

 

★こちらの記事も読まれています★