この記事は約 5 分で読めます

裾上げテープの剥がし方 きれいにはがすコツや手順を紹介

学生服や作業着など、ズボンの丈直しで短くした後、事情があって、元に戻したときがありますよね。

 

  • 「子供の背が伸びたのでズボンの丈を伸ばしたい」
  • 「会社に貸与された作業着を返却するので丈をもとに戻したい」

 

 

そんな時に、アイロンをつかった接着テープをつかって丈詰めをしていると、テープをはがすのが大変。もともと剥がれないことが目的のテープなので、そうそう簡単には剥がせません。

 

 

無理にはがすと生地が傷んだり、のりの後がみっともなく残ってしまいます。でも、できれば綺麗に剥がしたいですよね。

 

 

そこで今回は、アイロンをつかった接着テープを、できるだけ綺麗に剥がす方法を紹介します。作業手順や用意する道具などを写真付きで公開します。

 

 

裾上げテープの剥がし方に興味のある方は、是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

裾上げテープの剥がし方のコツ

ズボンの生地を傷めず、テープの跡を残さないように綺麗に剥がすには、以下の2点に注意して作業をしてくださいね。

 

 

裾上げテープを剥がす時のポイントです。

  • 無理に引っ張らない
  • 少しずつ剥がしていく

手間をかければ、のりや接着テープを残さず綺麗に剥がせますよ。

 

 

ただし、接着テープのタイプや接着してからの年数によっては剥がしにくいことも。市販の両面タイプの接着テープだとかなり強力なので、剥がす時に多少の根気が必要です。ゆっくり作業をしましょう。

 

 

セリア・ダイソーなど百均で売っているタイプなら比較的、簡単にはがせますよ(^^♪ こちらの記事で使ってるタイプの接着テー―プなら、綺麗に剥がせますよー。

 

⇒『ズボンの裾上げテープのやり方 アイロンの使い方や失敗しないコツ』

 

 

 
スポンサーリンク
 

裾上げテープをきれいにはがす方法

裾上げテープの剥がし方は簡単です。テープを接着した時と同じ作業をするだけ。アイロンで裾上げテープに熱をくわえて、剥がしやすくします。

 

ただし「接着」と逆の作業なので、

  • ズボンの生地のアイロンの滑らし方
  • ズボンの生地からテープをはがす作業

に違いがあります。アイロンの使い方によっては、逆に接着を強化?することもあるので、注意してくださいね。

 

 

アイロンを使う接着テープを綺麗に剥がす方法 用意するもの

  • ・アイロン
  • ・アイロン台
  • ・当て布
  • ・霧吹き

スチームタイプのアイロンなら霧吹きは不要です。今回、当て布は使い古したハンカチを用意しました。手ぬぐいなどでもOkです。

 

 

当て布の選び方がわからない方はこちらをどうぞ。記事中で解説してます。

⇒『ズボンの穴の補修 大人の服をアイロンや100均一で修理する方法』

 

 

すんなりと接着テープがはがれない時には

  • ・エタノール

があると綺麗に剥がれます。

 

 

エタノールはドラックストアで買えますよ。量と種類に注意してくださいね。

エタノールは下駄箱の掃除などに使えます。1本持っておくと便利ですね。こちらは別の溶液をつかってますが、エタノールでも臭いやカビの予防になります。

 

⇒『下駄箱の掃除の仕方 臭いカビを防ぐ方法』

 

エタノールは濃度によって種類がいくつか分かれています。今回は、消毒用エタノールがおすすめ。無水エタノールだと揮発性が高いので、今回はちょっと使いにくいかもしれません。

 

 

↓こんな感じで霧吹き(アトマイザー)に入ってると使いやすいですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

消毒用エタノールA ケンエー(100mL)
価格:447円(税込、送料別) (2018/12/18時点)

 

 
スポンサーリンク
 

アイロンを使う接着テープを綺麗に剥がす方法 手順とコツ

今回、ズボンから剥がす裾上げテープは百均で購入した粘着テープです。私はダイソーで購入しました。

 

粘着力は強くはないので、ササッと剥がしていきますね。

 

 

↓①ズボンの裾上げテープをチェックして、はがれそうな部分を見つます。大抵は、布と布の継ぎ目や段差に隙間ができていることが多いです。はがれそうな部分を始点に作業をしていきましょう。

 

 

②アイロンの温度設定をしてください。衣類の取り扱い説明タグにしたがってくださいね。今回は、綿の作業着だったので、アイロンの温度は中程度(中温:140~160℃)に設定しました。

 

 

↓③スチーム機能を使い裾上げテープを濡らします。霧吹きで水を吹き付けてもOK。上に当て布を敷いてアイロンを軽く上から当てましょう。

熱で接着剤を溶かすのが目的なので、ギュッと上から押さえつけるのではなく、当てる程度で充分です。

 

 

↓④テープを引っ張るとペリペリ剥がれます。力を入れなくてもはがれるところまで剥がしましょう。あとは、③の作業と④の作業の繰り返しです。

 

 

 

↓⑤無理なく力を入れずにはがれる部分でいったん中断します。

この作業だけでは裾上げテープがはがれない時があります。剥がれなくても無理にテープを引っ張らず「エタノール」をつかって剥がしていきましょう。

 

 

裾上げテープの剥がし方 エタノールをつかった場合

強力な粘着テープや、裾上げテープが両面だと、はがれにくいです。エタノールを使う作業が楽になりますので、是非活用してください。

 

 

↓⑥今回は、液体エタノールがなかったので除菌ティッシュで代用します。

コンビニで買ったごく一般的な除菌ティッシュです。裏面にエタノールとありましたので、このティッシュで代用することにしました。

 

エタノールを使う場合は、生地の目立たない部分で試しにつけてみて、生地の変色がおきないか確認をしてから使ってくださいね。

 

 

↓⑦アイロンの熱でははがれなかった部分にエタノールを含ませます。

エタノールのしみ込む量が多いほど剥がしやすかったです。全体的に使う時には液体エタノールを準備することをおすすめします。除菌ティッシュだと、エタノール量がやや物足りない??感じがしました。

 

 

↓⑧エタノールが乾かないうちに、当て布をしてアイロンで熱を加えます。

 

↓⑨熱が冷めないうちにそっとテープをはがしていきます。こちらが剥がし終わった画像です。綺麗に後もなく剥がすことができました(^^)/

 

 

★関連記事⇒『ズボンの裾上げの簡単なやり方 裾直しのコツをご紹介

裾上げテープ剥がし方 まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

一見、きれいに剥がせたようにみえますが、実はテープがはってあった生地を撫でるとザラザラします。接着剤の残りが取り切れてないんですね(;^_^A

 

我が家のズボンは作業着だったので、「洗濯していくうちに取れるかな?」程度に考えています。ちょっとずぼらなんで(笑)

 

でも、なかなか自宅でお洗濯できない学生服やスラックスなど。接着テープの接着剤を、さらにきれいに剥がしたいのであれば、

 

・ガムテープなどを上からあてて、粘着剤を取り去る

・柔らかいブラシなので、こすって粘着剤を取る

 

など、もうひと手間かけてください。

 

ただし、ポリエステルや綿のズボンは丈夫ですが、スラックスなどに使われるウールの生地はとても繊細なので摩擦に弱いです。

 

 

無理こすると生地を傷めることになるので、どうしても気になる場合は、クリーニング店に相談するなどの対応をしてみてくださいね。

 

 

★こちらの記事も読まれています★