この記事は約 3 分で読めます

ワイシャツの黄ばみはクリーニングで落ちる?料金の相場はいくら?

ワイシャツの黄ばみのクリーニングについての情報です。襟や脇の黄ばみがクリーニングに出せば落ちるのか、料金はいくらかの相場を調べました。

 

落ちなかったときの対応についても紹介していますので参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

 

ワイシャツ黄ばみクリーニングで落ちる?

ワイシャツの黄ばみがクリーニングで落とせるかどうかは「黄ばみ」の程度や種類によりますよ。

 

ワイシャツの黄ばみはどの程度ですか?

  • 何年も前からしまってあっていつから黄ばんだかわからない
  • 前の衣替えのシーズンは黄ばんでなかった

では、当然程度の差が違います。

 

 

黄ばみの原因は、汚れが時間とともに酸化し繊維にはいりこんだものなので、

  • ・時間がたてばたつほど
  • ・汚れがひどければひどいほど

落としにくくなるわけです。

 

 

クリーニングの「ワイシャツ洗い」は、しっかりと汚れを落とすために「お湯」を利用しえるところが多いです。家庭とは違う洗い方なので、黄ばみの程度が軽ければ通常クリーニングの「ワイシャツ洗い」でも落ちますよ。

 

一方、黄ばみの程度が重度の場合は、「染み抜き」などクリーニングでも特別なオプションをつけなければ取れません。染み抜きは、特別な技術なのでクリーニング店の技術に差が出るところなんですよ。

 

 

もし、「クリーニングにだしても黄ばみが落ちなかった!」のなら、「染み抜き」の上手なクリーニング店に相談すると解決するかもしれませんよ~。

 

ワイシャツ黄ばみクリーニングの料金の相場は?

クリーニングの料金ですが、お店によって違いがありますよ。

 

黄ばみの箇所も「襟」「脇」の部分的と、「全体」にウッスラとした黄ばみで程度が違います。

 

シミを抜く作業は「面積」「シミの度合い」によって違いますので、

  • 広範囲のワイシャツの黄ばみ
  • 黄ばみの色が濃いワイシャツ

の方が、お値段が高くなるのが一般的です。かならずシミ抜きには「見積」をとってくださいね。

 

 

料金の相場としては、ワイシャツの場合は「クリーニング料金」+1,000円前後で案内されているところが多いですね。トータルで2000円くらいなら相場だと思いますよ。目安になさってくださいね。

 

 

チェーン展開しているクリーニング店の料金です⇒ホワイト急便 シミ抜き価格

 

 

スポンサーリンク

ワイシャツの襟の黄ばみの落とし方 クリーニング店に相談してみた!

衣替えで保管したワイシャツの襟が黄ばんでしまったことがあります。でも、クリーニングにだしたらサッと黄ばみが取れましたよ!

 

我が家の場合は

  • ・着用が1回、2回の新品に近いワイシャツ
  • ・洗濯するとき毎回、部分洗いをしている
  • ・クリーニングに出さず衣替えの保管してしまった

のワイシャツでした。

 

クリーニング店に上の相談したところ「通常のワイシャツの洗い」で洗って、黄ばみが残っていたら染み抜きになるといわれました。幸い、夫のワイシャツはクリーニングの通常メニューで落ちました。

 

 

ただ、クリーニング店の店員さんとの雑談で「染み抜きまでして黄ばみを取る人がどれだけいるか?」となると、やっぱり少数派。

 

 

ワイシャツは消耗品と割り切る人も多いので「しみ抜きの値段と、買い換えの金額の兼ね合いですねー」という結論になりました。とはいえ、買い換えの回数を減らしたい気持ちも強いので、黄ばみは「うっすらと汚れが目立った段階」で自宅で予防をかねて洗っています。

 

程度のかるい黄ばみなら、この方法で落ちますよ。よろしければ参考にどうぞ(^^♪

 

⇒『ワイシャツの襟の黄ばみの落とし方 簡単に漂白できる洗濯の方法を紹介』

 

まとめ

クリーニング店に持ちこみシミ抜きをするのは最終手段です。染み抜きで落ちなかったら、あきらめましょう。

 

ワイシャツの襟の黄ばみは皮脂が原因です。襟の部分の黄ばみが目立つのなら、汚れに対して洗浄力が低い洗剤をつかっているのかもしれません。一度、洗濯用洗剤やワイシャツの手入れを見直すことが必要かもしれませんよ。

 

衣替えに関する記事が一覧できるのはこちら。

⇒『衣替えに関する記事のまとめ』