この記事は約 6 分で読めます

ワイシャツの襟の黄ばみの落とし方 頑固な汚れを簡単に落とす方法

ワイシャツの襟の黄ばみに悩んでる方へ。頑固な汚れをすっきり落とす方法を紹介しています。洗剤や漂白剤の種類。アイロンスチームをつかった方法や、煮洗いなどのをするときの手順などを紹介しています。

 

それぞれの注意点なども紹介していますので、興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ワイシャツの襟の黄ばみの原因

ワイシャツの襟の黄ばみの汚れの原因は「皮脂」です。首回りの汚れが洗濯でしっかり落ちきっていないと、時間とともに酸化をして「黄ばみ」になりますよ。

 

首と襟は密着していますし、脂もつきやすい部分。他の洗濯物と一緒に洗濯するだけでは、しっかり汚れを落とす事は難しいですよ。

 

黄ばんでるかなーと感じたら要注意。襟だけ部分洗いなどのケアをしてしっかり汚れを落としてくださいね。汚れが落ちれば黄ばみもきえますよ(^^♪

 

ワイシャツの襟の黄ばみをクリーニングに持ち込んだ方がよい場合

手間をかけたり、特別な洗剤をつかえば、普通に洗濯をするよりも、襟の黄ばみは落ちやすくなります。ただし、ワイシャツの生地が傷んでしまったり、変色・色落ちなどのリスクがあるを知っておいてくださいね~

 

「せっかく特別な洗剤や、煮洗いをしたのに!黄ばみが落ちない」「逆にシミができた」ということもよく聞きます。私もやっちゃいましたが、骨折り損ですよね(´;ω;`)

 

黄ばみ落としが無駄にならないように

  • ・ワイシャツの黄ばみの状態
  • ・ワイシャツの値段

との兼ね合いをよーく考えてから黄ばみ落としをしてください。

 

 

ちょっと高価なワイシャツなら、やっぱりクリーニングの方が安全かもです。クリーニングについての記事は別記事でかきましたので、よろければこちらをどうぞ^^

 

⇒『ワイシャツの黄ばみはクリーニング?料金の相場は?

ワイシャツの襟の黄ばみを漂白で落とす

ワイシャツの襟の黄ばみ落としで一番、簡単なのが「漂白」ですよ。

 

漂白剤には種類があって

  • ・酸素系漂白剤
  • ・塩素系漂白剤

 

の2種類あります。

 

 

酸系漂白剤は「色物」などにもつかえます。生地の傷みも少ないですよ。ワイドハイターなどが有名ですね。最近だと漂白剤の「オキシクリーン」も人気です。塩素系漂白剤は、さらに漂白力が強いです。基本、色柄に使えません。柄も白く脱色してしまいます(^_^; ブリーチやキッチンハイターなどが有名です。

 

男性が会社できる色柄のワイシャツなら「酸素系漂白剤」をつかって、襟だけ漂白をする方法 OR 全体をつけ置きする方法がおすすめです。

 

どうしても落ちない最終手段、かつ学生がきるような真っ白な白いワイシャツなら塩素系漂白剤がおすすめです。

 

ただ、使い方次第では生地を痛めたりすることもあるので、漂白するときには、漂白剤の「つけ置き時間」や「量」には十分に注意してくださいね。

 

くわしいやり方は別でかきましたので、こちらをどうぞ^^

ワイシャツの襟の黄ばみを漂白する方法 つけおき時間や量の測り方など

ワイシャツの襟 黄ばみを洗剤を使って落とす

ワイシャツの襟の黄ばみの洗剤を落とす時には「液体洗剤」も使えますよ。

  • ・女性の化粧品のクレンジング
  • ・食器用洗剤(台所洗剤)

です。襟周りに付けて、部分洗いをすると「皮脂」の汚れを効率よく落とせます。どちらも、どろっとした洗剤なので、襟の汚れに浸透しやすいです。

 

ただし、コスパと効果が見合うかどうかは、個人的にはちょっと疑問(´;ω;`)

 

理屈としては、女性のクレンジングは化粧品を落とせるので、脂を落とせるでしょうし、食器用洗剤も油汚れを落とせるので使えますが・・・

 

台所用洗剤はともかく、化粧品って値段高いですよね?襟汚れ用の専用洗剤は、高くても数百円なので、専用洗剤をつかった方が出費が少なくてすみますよ。

 

私なら、台所用洗剤で試してみて、黄ばみが落ちないようなら襟汚れの専用の洗剤をつかいますよー。

 

↓参考に。クリーニング屋さんが使う業務用の襟袖ようの部分洗いの洗剤です。

 

あれこれ洗剤と増やしたくない、という方が初めて黄ばみ落としをする場合や、黄ばみが薄いワイシャツなら試す価値ありだと思います。

 

セスキや重曹で黄ばみは簡単に落とせる?

また、洗剤?ではないのですが

  • ・セスキ
  • ・重曹

をつかった洗い方も効果的と口コミが寄せられています。個人的には、襟の汚れ落としには使いにくいと感じます。

 

まず、セスキも重曹も粉状の場合は練ってペーストにしないといけません。さらに、歯ブラシなどでこすりつけるなどの手間もかかります。襟って、首回りですれる場所なので、ブラシで生地をこすると摩擦で傷むんですよね(´;ω;`)

 

黄ばみ落としを簡単に済ませたい!ならおすすめしません。

 

ただ、一手間かけるだけあって、しっかりとこそげ落とすことができる感じはします。「何をやっても黄ばみが落ちない!捨てるしかないか?」という状況なら、試す価値ありかなーと思います^^

 
スポンサーリンク
 

ワイシャツの襟の黄ばみをアイロンスチームを使って落とす

生地にこびりついた頑固な汚れは、熱を加えると落ちやすくなります。アイロンのスチームを使えば、効果的に汚れを浮き上がらせることができますよ。

 

ただし、

  • ・熱を加えると生地は傷む
  • ・生地が色落ちする

可能性が結構ありますよ。

 

こちらも、「黄ばみが落ちない!取れない」と悩んでるなら、試す価値ありかなーと思います。

 

アイロンスチームを使った襟の黄ばみの落とし方の手順

    • ・重曹と酸素系漂白剤を3:1の割合でまぜる
    • ・ぬるま湯で少しずつ溶かし、すくい上げられるくらいのペースト状にする
    • ・使い古しの歯ブラシですくい上げ、襟の黄ばみに塗り揉み込む
    • ・アイロンのスチームを生地に直接当てずに、上からシュ・シュとかけ熱を加える
    • ・重曹を酸素系漂白剤が塗ってある襟の部分を部分洗いをする
    • ・通常の洗濯と一緒に洗う

 

ワイシャツの襟の黄ばみは煮ることで落とす

ワイシャツの黄ばみを落とす方法で「煮る」方法があります。「煮洗い」と呼ばれていますよ。かなり生地に負担がかかるので、最終手段と考えてくださいねー。

 

煮洗いする前には、ワイシャツの色柄や素材に注意をしてください。

素材が「綿」以外だと、シワが取れないなどトラブルが(^_^; もちろん、熱しすぎると色落ちも心配なので、その点も了承を。

 

綿でも、熱が加わると生地が縮んだりするんですよね・・・。煮るだけで簡単!激落ちという評判の落とし方ですが、個人的には、あまりおすすめしません。

 

  • ワイシャツを煮洗いして襟の黄ばみを落とす手順

    ・大きめの鍋に水と酸素系漂白剤をいれる(比率は2リットル:15グラム)

  • ・ワイシャツを鍋にいれる(ひたひたになる程度ならOk)
  • ・水から火をかける。かならず弱火で。完全に沸騰させません。
  • ・沸騰する直前、コポコポという小さな気泡がでてきたら火を止めます
  • ・鍋につけ置きしたまま様子をみます。黄ばみの様子をみて、シャツを取り出してください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

「数年間、利用をしていなかった礼服用の白いワイシャツ。クローゼットから出してみたら襟を中心に全体が黄ばんでる」といった状態だと、数年にわたって汚れが繊維の中にしみ込んでいるので、ちょっとした洗剤程度では落ちない可能性大!

 

「買ったばかりのワイシャツ。なんかちょっと黄ばんでるかも?」程度なら、漂白剤や洗剤などを使えば簡単に黄ばみは落ちますよ。

 

 

汚れの程度によって黄ばみの落ち具合が違うので、状況をみて生地に負担がかからない方法からためしてみてくださいね。

 

 

【関連記事】