この記事は約 4 分で読めます

夜中に必ずトイレ。朝までグッスリ眠れない人は要注意。

夜、トイレに行きたくなって目がさめてしまう。

 

 

この悩みをお持ちの方が多いのに驚きました。確かに、かならず夜中におきるのは、眠りが中断してしまい良質な睡眠をとれませんね。

 

 

今回は、何故、夜中にトイレに起きてしまうのか原因と対策をまとめました。夜中にトイレに起きるのは、たんなる習慣ではなく、怖い病気が潜んでいるかもしれません。心あたりのある方は要注意ですよ。

スポンサーリンク

夜中に1回以上トイレにおきてしまうのは「夜間頻尿」

 

夜間頻尿の定義

夜間頻尿とは、夜眠りについたあと排尿のために1回以上起きなければならないという悩みがあり、そのことで日常生活に支障をきたしている状態をいいます。
健全な日常生活を営む上で、十分な睡眠をとることは大事なことです。

 

引用:HP大鵬薬品工業株式会社 夜間頻尿とは

 

 

ここで、ポイントは「夜一回以上起きなければいけないという悩み」ですね。

 

二回、三回、とトイレに起きるのは確かに頻尿かな、と思いますが、一回っていうのは誰でもあるのではないでしょうか。

 

 

ただし「それで日常生活に支障をきたしている」という補足がありますので、夜中にトイレに起きるのが苦痛になったり、悩みのレベルになってきたら、たとえ夜中にトイレにいく回数が一回であろうと、それは「夜間頻尿」になるのだと思います。

 

 

どうして夜にトイレに起きてしまうの?夜間頻尿の原因はなに?

 

人それぞれ、体質や生活も違いますので、夜にトイレにいく原因もそれぞれ違います。が、その原因を大きくわけると生活習慣と病気が原因の2つのタイプがあることがわかりました。

1.夜間頻尿は生活習慣が原因

こんな日常の習慣はありませんか?

 

●寝る前に、沢山水分をとってしまう

夜ねる時に水やお茶を飲む習慣はありませんか?私はあります。夜、のどが渇いて目がさめてしまうのが嫌だったからです。

 

 

ですが、寝る前に過剰に飲むのはよくありません。夜間頻尿の原因になります。むくみの原因にもなりますので、適度な水分補給にとどめましょう。

 

ちなみに、夏であれば夜にコップ2杯くらいの汗をかくといわれていますので、自分の体調に合わせて、水分を調整しましょう。

 

 

●寝る前にカフェインや、夜遅くにビールを飲んでいる

 

寝る前のコーヒーについては、以前の記事で紹介しました。
カフェインは睡眠時間の何時間前ならOK?どうしても夜コーヒーを飲みたい時は?

 

 

カフェインは、覚醒作用だけでなく利尿作用もありますので、夜寝る前に飲むと、夜にトイレにいきたくなることがありますね。ビールについても同様です。

 

 

ここで、注意いただきたいのが同じアルコールでも日本酒とワインは逆です。脱水症状を起こしがちなので、水分をきちんととることが大切です。のどが渇いて夜目がさめてしまいます。

 

 

いずれにせよ、就寝前の三時間をアルコールやカフェインを控えれば、大きく睡眠に影響はありません。

 

ナイトキャップが習慣の方は、ご注意くださいね。

 

スポンサーリンク

●寝つきの段階で身体が冷えている。

冷えで、膀胱が敏感になってしまうと、トイレに行きたくなってしまいます。

 

トイレにいくものの、尿が沢山でないというのは、このケースですね。体質的に膀胱が敏感な方がなりやすいです。

 

 

寝具や、寝室の温度、寝る前の習慣(お風呂にはいった後にすぐ布団にはいる)などで、改善に向かうことが多いです。

2.夜間頻尿は病気が原因

夜中にトイレに何度も起きるのは、自分では気がつかない病気が潜んでいる可能性があります。

その時に注意するポイントは3つ。

  • 尿の量は、以前と比べて多くなっていないか?
  • 日中と夜間でトイレにいく回数が違うかどうか。夜だけトイレの回数が多くなる?日中も多い?
  • 急にトイレに行きたくなるなどの、我慢できない程の尿意か?

 

この質問にYESであれば要注意。
年齢や体質にもよりますが、病気が原因のことが多いですので、頻尿が日常生活に不安や支障をきたすのであれば、医師の診断を仰いでください。

 

 

泌尿器科が専門になりますが、女性は心理的に抵抗があるかもしれません。一般的に、婦人科でも頻尿の相談には載ってもらえますので、「診てもらえるかな~」と心配であれば、受診したい医療機関に電話で問い合わせてみてくださいね。

 

 

ちなみに頻尿を引き起こす主な病気は以下の通りです。

  • 前立腺肥大(男性の場合)
  • 過活動膀胱。
  • 糖尿病。
  • 高血圧など。

まとめ

夜間頻尿の原因について、簡単に説明しました。

 

夜トイレにおきてしまうのが悩みの方は、体質や生活習慣と照らし合わせてみてください。

 

 

また、本当に厄介なのですが、睡眠障害が原因でトイレに行きたくなるというケースもあります。これは、夜中に起きてしまうのでトイレにいく、という行動が習慣になってしまっているのです。先に夜中に目が覚めるという症状がおきてしまっているので、頻尿なのか睡眠障害なのかの区別がつきにくい。

 

まずは、重大な病気が潜んでいないか自分自身の体調を見極め、1つづつ根気よく原因を探っていくのが大切です。

 

睡眠に関する記事が一覧できるのはこちら。

⇒『睡眠に関する記事のまとめ』