この記事は約 4 分で読めます

本を読むと眠くなるのは何故なのか?読めない程の眠気の対策は?

本を読んでいて眠くなった経験はありませんか?

 

同じ文章ばっかり追っかけてることってありますよね。そのまま寝てしまえる時ばかりではないので、眠気を感じて困ってる人もおおいとか。

 

そこで、今回は、本を読むと眠くなる原因をお伝えします。眠くならない対処法も紹介していますので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

本を読むと眠くなる原因は?

本を読むと眠くなる仕組みが「脳」にはありますよ。

 

本を読んでいるて、「難しいな」とか「つまらないな」と感じると、文字を認識する目の動きが単純作業になります。脳が楽をしようとして目だけ上下させてしまい、眠くなってしまいます。

 

何度も読み返している本だと、ストーリーがわかってしまっているので、いちいち脳が読んだりしないんですね。

 

また、理解が難しい専門書だと、理解するために何度も活字を追うのですが、理解できないので、これも単純な目の上下作業になってしまいがち。

 

逆に、

  • ・推理小説
  • ・ロマンス小説

など、娯楽性が強い本は、ストーリーの起伏や飽きさせない工夫がされているので、「ドキドキ」「ワクワク」して眠くなりにくいです。

 

興味のあるなしに大きく影響され、単純作業に脳が慣れてしまって眠気が訪れるのが、眠気の原因です^^

 
スポンサーリンク
 

本を読むと眠くなるときの対策

状況がそろえば、誰でも本を読んでいて眠くなってしまいます。

 

ですが、人によっては特定のシチュエーションに、眠気を強く感じることもあるようです。

 

漫画や雑誌、イラストや写真を見てる時は眠くならないのに、なぜか文字を読むと眠くなるという人も。どこかで、「つまらない」と無意識に考えているかもしれません。

 

困ってる方は、以下の対処法を参考に、段階をおって試してみてくださいね。

対策①文字を読むのになれる

文字を読むのになれない人は、字を読むと眠くなることが多いようです。

 

できるだけ長文をさけ、「興味をそそる文章」を読んでみて、「面白い」「次が読みたい」経験してみるのがおすすめです。

 

新聞だと「社説」などは敷居が高いので、コラムや地域の声もいいですね。

 

また雑誌だと、1ページ程度で読める、ちょっと面白い芸能ネタのようなものがおすすめです。放送作家の山田美保子さんや、独特の切り口の辛酸なめ子さんなど、クスッと笑いつつも興味をひく文章だと飽きずに読み進められます。

 

対策②本を読むのになれる

文章を読むのになれたら、本を読むのになれるといいですよ。

 

ただ、本はジャンルによって好みがあり「合う」「合わない」が別れます。本を読むのが面倒だと感じる人は、自分の好みの本に巡り会っていないからかもしれません。

 

  • ・昔からあるような古典(国語の授業で取り上げられるような)
  • ・文庫1冊

は、読書慣れしていないと、読み切るのが難しいです。

 

また、文庫本や新書など「文字が縦書きびっちり」だと、視覚的に眠くなる人も。まずは、1冊よみきれるかどうか、パッと見の判断も大切ですよ。

 

文字が大きめ、行間が少しあいているもの。最近だと「自己啓発系」「恋愛ハウツー」などの本が、比較的よみやすいレイアウトだったりします。

 

ストーリーも大切ですが、本を読むのが慣れない人だと、瞬間的にNGなことがおおいので、初見の印象も大切にしてみてください。

 

対策③音読をする

特定の状況で眠くなる人がいます。会社の資料、学校のレポート、課題、宿題など。

 

本を読むのは決して苦手じゃないけど、どうしても読めないものがある人は、「音読する」のもおすすめです。活字を目で追う以外の作業に加え、負担をかけることで「眠らせなく」します。

 

実際に、声を出すのがいいですが、出せないのなら、黙読しつつ「声に出したつもり」で読んでみてください。そのとき、読んでいる部分を指でなぞりながら読むと、同じ部分を何度も読まずにすみますよ。

対策④姿勢を正しくして読書をする

あえて緊張状態をつくり、本を読んでみてください。机に肘をついたり、前屈みだと「居眠り」しやすい姿勢になります。特に授業や会議など。

 

姿勢を正くすることで、眠ってしまうのを妨げられます。

 

対策⑤布団の中で本を読まない

寝る前に本を読むのを止めてみましょう。もし、何度も寝落ちしてしまってるのなら、「本を読む」=「入眠儀式」になっているかもしれません。

 

子どもがお母さんに添い寝がてら、絵本を読んでもらう。本を読み終わらなうちに、寝てしまう、のは入眠儀式の1つ。

 

本を読む=眠くなるのパターン化してしまうのなら、いったん止めてみる・本をかえてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

本を読むと眠くなるという悩みを持ってる人は、「特定の本」「特定のシチュエーション」で、眠くなることが多いようです。

 

すでに「つまらない」と感じてるものを、どうにか面白くする、というのは難しいです。

 

できるだけ眠くならないよう、文字を読む=目の単純作業だけにならないよう、対処法をあわせてとりくんでみてくださいね。

 

★眠くならないようにカフェインを飲むのもありですよ。。あまり信じてない方はこちらの記事をどうぞ。飲むタイミングや、量が関係してるかもです。

 

カフェインで眠れないのは嘘?時間や量は関係してる?