この記事は約 4 分で読めます

スーツの保管の方法 しまう前のクリーニングすべき?カバーは必要?

スーツの保管の方法を解説しています。衣替えなど長期保管のしまう時の注意点を紹介しています。

 

 

一度でも来たらクリーニングに出すべきか、保管するときにカバーは必要かなどの詳細を説明しています。しまい方の一連の流れで、疑問がある方は是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スーツの保管の方法

シーズンオフや衣替えで着なくなったスーツは手入れをして保管をしましょう。長期保管をする時に注意する点は以下のとおり。

  • 適切な場所に保管をする
  • 適切な状態で保管をする

スーツは基本「吊るし」での保管をおすすめします。どうしても、たたみだと型崩れしてしまいますからね。クローゼットなどで保管してくださいね。

 

保管する前にクローゼットの中をチェック!

  • ・湿気臭くないですか?
  • ・クローゼットの中身がすでに満杯ではないですか?

風通しが悪い場所に、スーツを保管すると「虫食い」「カビ」のトラブルになりますよ!

 

「ちょっとカビ臭いかも?」と感じたら、掃除をしたりクローゼットの中身を断捨離してからスーツを保管してくださいね。

 

スーツを長期保管するのなら、商品のような「厚み」がしっかりしたスーツ用をつかってくださいね。針金ハンガーのような細いハンガーだと型崩れの原因になります。

 

▼▼

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーツ用ハンガー樹脂製 Lサイズ黒【0880L】
価格:367円(税込、送料別) (2018/7/24時点)

 

 

100均にもあるようですが、口コミでは下のスラックスをひっかける部分が弱く、するっと落ちてしまうとのこと。商品によってはアタリやはずれがあるかもしれませんね~

スポンサーリンク

スーツの保管の前にはクリーニングに出す?

スーツの保管の鉄則。一度でもきたらクリーニングにだしてください。

 

「一度くらいの着用なら・・・」と考えがちですが、後で虫食いなどトラブルになると面倒ですよ。特に、虫食いになってしまうと、「ほかの衣類にも被害が」心配もあり気持ち的に落ち着きません。駆除も面倒です。買い換えや駆除の手間と比べれば、クリーニングの値段は安いものですよ。

 

クリーニングに出す時前の注意点

  • ボタンの欠けなど
  • 生地のスレや破れ

がないか事前にチェックしてください。ちょっと問題のあるスーツをそのままクリーニングにだすと、受け付けてもらえないことがあります。クリーニングの作業中に破損が見つかると、クリーニング自体をストップすることもありますよ。

 

 

また生地の破れやスレが見つかったら、衣替えの保管のタイミングで直してください。スラックスの方がダメージが大きいので、生地が弱っていないか、スレはないか、をチェックしてくださいね。

 

お直しについてはこちらをどうぞ。

⇒『スーツが破れたときの直し方!おしりの破れや股の補修はどうするの?

 

クリーニングへの出し方

また、クリーニングに出すならウェットや汗抜きオプションをつけると、臭いや汚れをしっかり落とすことができます。クリーニング代金は倍近くになりますが、つけておくと安心ですよ。

 

⇒『クリーニングで汗抜きは必要?スーツの臭いに効果はある?料金は

 

クリーニングから戻ってきたら

 

クリーニングから戻ってきたら、必ずビニールの袋から外しましょう!あのビニール袋は、店内で保管するときの埃よけのためです。自宅で、そのままにしておくと中がしけってしまいますよ。

 

ビニール袋から出したら、半日程度、陰干しします。湿気を飛ばしてから保管してくださいね。

 

スーツの保管でカバーをかける?

 

保管をする時には、スーツにカバーをかけてくださいね。

  • 埃よけ
  • 生地の色あせ

特に、クローゼットがない場合は、特に注意してください。西日の入る部屋だと、少しずつ日にやけるので気がつきませんが、生地が傷んできますよ。

スーツに限らず、西日がはいる部屋だと室内の物が傷みやすいです。風水でに窓があると、お金がたまらない、言われるのも、結果、出費が多くなるという理屈だと思います(;^_^A

 

持ち運びの用のガーメントにいれて保管する人がいますが、できれば避けてください。ガーメントの素材がナイロンだと、湿気がこもります。

 

 

おすすめなのは「不織布」です。100円均一などで手軽に買えますよ。クローゼットに保管するなら、「防虫剤効果」のあるカバーがおすすめです。防虫効果のあるナイロン素材と、不織布の素材で作られているカバーです。ドラッグストアなどで手軽に手に入りますので、チェックしてみてくださいね。

 

 

★スーツの処分に困っていませんか?

⇒『スーツの処分の方法 捨てるタイミング基準や着ないスーツの下取りについて

 

スーツの保管の方法 まとめ

スーツは安くない買い物です。できれば大切に長く着用したいですね。保管する前に手入れをおこなって、適切に保管をしましょう。

 

ながーい目でみると家計の節約になりますよ。

 

衣替えに関する記事が一覧できるのはこちら。

⇒『衣替えに関する記事のまとめ』