この記事は約 5 分で読めます

羽毛布団の産地やランクとは?ラベルの違いはどう見分ける?

寒い季節にはかかせないのは羽毛布団ですね。とっても暖かいと評判なのですが、選び方が難しい寝具なんですよ。

 

実際、羽毛布団を買ったけどさほど暖かくなかった、という口コミもあったり、一方で「すっごく暖かかった」とう絶賛の声があったり。

 

そこで今回は、羽毛布団の品質の目安になる「産地やランク」「ラベル」の違いについて紹介しますね。基本的な知識さえあれば、大きく失敗しません。

 

羽毛布団の購入を考えてる方は是非参考になさってくださいね!

スポンサーリンク

羽毛布団の産地のランクについて

まず、羽毛布団の品質の目安が「暖かさ」です。この暖かさで、羽毛布団のグレードがきまります。

 

暖かさを左右するのは

  • 羽毛の質
  • 羽毛の量

が関わってきます。

 

一般的に「寒いところの鳥の羽毛が暖かい」です。羽毛布団にはいっている「産地」をチェックしてみてください。同じ仕立て、同じ羽毛の量なら「産地が寒い」方がランクが上になっていますよ。

 

よく見かける産地はこのあたりですねー。

  • スペイン
  • ポーランド
  • ハンガリー
  • フランス
  • ブルガリア
  • 中国

 

実際にどの国が寒いか、わかりにくいと思うので世界地図をイメージしてください。

一般的に高級といわれている産地はポーランドですよ。

 

羽毛のダックとグースの違い

羽毛は産地によっても質が大きく左右されますが、そもそもの鳥の種類によっても違いがあります。

 

羽毛として利用されている水鳥は2種類。

  • ・グース(ガチョウ)・・・ダックよりも鳥が大きいので、羽も大きい。空気をはらみ温かい
  • ・ダック(アヒル)・・・・グースよりも羽は小さい。

グースの方が「羽毛としては質が上」になるわけです。

 

ただし「暖かい産地のグース VS 寒い地域の ダック」という組み合わせもあるので、一概にグースの方が暖かいとは言い切れません。見極めが重要ですねー。

 

1ついえるのは「ポーランド産のグース」は、ランクが高いということです。

 

 

羽毛のマザーグースのランクは?

さらに言うなら、水鳥も「親」と「子ども」では羽根のボリュームが違います。もちろん、羽根が大きい方が、空気をはらみ暖かいのでランクが上です。

 

羽毛に「マザー」という言葉がついていたら、まったく同じ品質ならランクが上だと思ってください。

 

こちらも、産地や鳥の種類との掛け合わせなどあるので、見極めが重要です。

 

羽毛だけの品質だけでいくなら、「ポーランド産マザーグース」が最強ということですかね??

 

 
スポンサーリンク
 

羽毛布団のラベルの違いについて

羽毛の暖かさの比較だけでいくと、「ポーランド産マザーグース」がランクが上になるんですが、羽毛布団トータルでみるとそうでもないです。

 

羽毛布団を仕立てる時に、

  • 布団の布の仕立て
  • 羽毛の量

など、テクニック(?)的にカバーしているからです。産地が南側の水鳥でも、十分に暖かい羽毛布団もありますよ。

 

そうなると見分けがつきにくくなるので、羽毛布団をトータルの暖かさを判断する「ラベル」が登場します。

 

 

ラベルでよくみかけるのは

ですね。毛の品質をチェックする団体だと思ってください。このラベルを基準に暖かさを選ぶと目安になりますよ。

 

日本のほとんどの製品は、2つの団体の「ラベル」がついているのですが、西川ブランドだけは別です。独自の「暖かさ基準」で判断しているので、選ぶ時は「西川 VS 他の製品」になるのかなーと。

 

西川製品同士での比較はしやすいですが、他の製品との比較がしにくいのがネックですね。

 

羽毛布団のゴールドラベルのランクについて

羽毛布団のランクを示す時に、よく耳にするのが「ゴールドラベル」という言葉ですね。

 

「日本羽毛製品協同組合」を例に、ゴールドラベルの説明をしますね!

羽毛は、そのふくらみ具合で性能が決まります。
日本羽毛製品協同組合では、高品質な羽毛をさらに「ダウンパワー(dp)」毎に
4つのグレードに分けてゴールドラベルを発行しています。

 

引用:HP日本羽毛製品協同組合

 

要は「ゴールドラベル」は品質的にOKという意味です。さらに、ゴールドラベルのグレードに違いがあり、温かさのランクや性能を表します。

 

このラベルの色が羽毛ふとん選びの目安になりますよ。

 

左から順番にゴールドラベルを紹介しますと

  • 左)プレミアムゴールドラベル440dp以上

  • 右)ロイヤルゴールドラベル400dp以上

 

    • 左)エクセルゴールドラベル350dp以上
    • 右)ニューゴールドラベル300dp以上

さすがに、プレイミアムゴールドラベル・ロイヤルゴールドラベルになると5万円以上するのもざらですが、エクセル/ニューゴールドあたりのラベルだと、比較的お値打ちに購入できます。

 

 

 

ただ、ダウンパワーが髙ければいいというものでもないんですよ。羽毛布団をどれくらいのシーズン使おうと考えてますか?暖かい地域にお住まいで、ダウンパワーが高いものをかってしまって、1年のうちの限られた時期しか羽毛布団が使えませんよ。

 

 

 

羽毛布団は熱量を調節するといっても限界はありますからね。ですので、

  • お住まいの地域
  • お家の環境
  • お部屋の向き
  • 寝る時に暖房器具をつかうか

など、「使用する人の状況・環境」に合わせてダウンパワー(ランク)を選んでくださいね。

 

★関連記事★

まとめ

色々と紹介しましたが、羽毛布団の品質の目安は「暖かさ」だけではありません。

 

布団に仕立てる時の「洗浄の仕方」「管理方法」によっては、使ってるうちに「臭い」がでてきたりトラブルがおきるからです。

 

実際に羽毛布団を購入するときに、心配だったので、お店屋さんにいたベテラン羽毛布団販売員に「暖かさ以外の品質ランクはどうやって見分けるの?」と聞いてみました。

 

 

回答としては

品質に関しては、「日本羽毛製品協同組合」のラベルが付いてるので、よほど大丈夫。でも、羽毛自体は「生き物」からとったものだから、羽の匂いが気になる人は気になるし、気にならないっていう人は、全然きにならないんだよ。

 

 

そもそも、粗悪品なら品質向上を目指している「日本羽毛製品協同組合団体」のラベルを発行してもらえないから、と言われました。このゴールドラベルがついてる商品はひとまず、安心と思ってよさそうです。

 

ただ、粗悪品も混じることもあるようで(^_^; あえて、西川ブランドからしか選ばないし!おすすめしないとうショップさんもあるほどです。

 

ここが羽毛布団の選び方の難しいところ。

 

いろいろと実際にラベルをチェックしてみてください。品質と価格の相場のバランスがチェックできるのでおすすめです。特に楽天の口コミと合わせると知識がつきますよ。

 

 

こちら「ゴールドラベル」のついた羽毛布団の楽天の売れ筋ラインナップのリストを用意しました。ラベル&品質チェックに活用してみてください(^^♪

 

⇒羽毛布団のゴールドラベルのラインナップをチェックしてみる[楽天]