この記事は約 4 分で読めます

羽毛布団の収納の仕方 たたみ方のコツや便利なカバーを公開します!

羽毛布団の収納の仕方を紹介しています。しまう時のたたみ方のコツやカバーの情報です。

 

我が家の収納の手順を写真付きで紹介しています。百均のカバーやAmazonで購入した収納カバーの比較も交えて解説しています。

 

羽毛布団のしまい方についてわからない部分がある方はチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

羽毛布団の収納の仕方

羽毛布団の収納の仕方は

  • 羽毛布団のスペースにあうように布団をたたむ
  • できるだけ手間をかけずに収納する

以上の2点がポイントです。

 

羽毛布団は、とてもかさばりますので取り扱いが面倒です。押入れのスペースに余裕がある場合は別ですが、できるだけスペースを活用したいのなら場所に合わせた収納方法を考えましょう。

 

また、押入れやクローゼットに収納するときに、できるだけ手間がかからないように工夫するのも大切です。家事は毎年繰り返しおこなうことを前提に、手間や費用のかからない自分の家にあった方法を最初に考えてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

羽毛布団を収納するときのたたみ方

収納するときの羽毛布団のたたみ方です。収納するカバーの大きさによりますが、基本は三つ折りだとかんがえてください。

 

羽毛布団を収納するときのたたみ方の画像

羽毛布団を収納するときのたたみ方の画像です。

 

まずは、写真①の図のように三つ折りにしてください。羽毛布団は縦長の状態になります。そのあと、写真②の横に三つ折りにします。この状態でかなりコンパクトになりますので、収納カバーや風呂敷などにつつめばOK!

 

小さくまとめようとするなら、①の段階までもっていって、②の状態で三つ折りにせず筒状にまるめてください。ただし、羽毛布団はかさばりますので、小さくしようとすればするほど手間がかかります。ブワッともとに戻ってしまいます。

 

私がおすすめなのは、②の状態まで三つ折りにした後、上からカバーをかぶせる方法です。

羽毛布団を収納するときのカバーへ入れ込む画像

羽毛布団を収納するときのカバーへ入れ込む画像です

 

上からかぶせたあとは、くるっと回転させ上下逆転させればOK!シングルサイズの羽毛布団なら一人でも楽に収納ができます。

 

この段階で、羽毛布団の真ん中に防虫剤をいれておくといいですよ!羽毛布団につかう防虫剤の種類についてはこちらを参照ください。

 

羽毛布団のしまい方 防虫剤や収納のカバーの取り扱いを詳しく紹介

 

 

羽毛布団を収納するときのカバーについて

羽毛布団を収納するときは、「羽毛布団の専用の通気性のよい収納専用のカバー」をつかってください。羽毛布団のダウンを傷めず、かつ省スペースになりますよ!

 

通気性がよいのは不織布カバーです。我が家は羽毛布団の専用の収納用不織布カバーを利用をしていますが、今回は不足分をセリアで買い足しました。

 

 

羽毛布団の収納は百均のカバーでも大丈夫?

使い勝手や、Amazonで購入した羽毛布団専用の収納専用の不織布のケースとの使い勝手をチェックしますね。

 

百均で購入したセリアの布団収納のカバーの画像

百均で購入したセリアの布団収納のカバーの画像です。

 

今回、セリアで購入した布団収納袋の画像です。「不織布」と明記ありませんでしたが、注意書きから不織布と判断しました。先ほどの「たたみ方」の画像のときの花柄の不織布

と比較すると、かなり薄手でサイズが大きいです。

 

ちなみに我が家が羽毛布団の収納でつかっているAmazonで購入したカバーはこちらです。

 

>>アストロ 羽毛布団収納ケース 持ち手付き 花柄 不織布製 

 

羽毛布団の収納カバーの大きさの比較の画像

羽毛布団の収納カバーの大きさの比較の画像です

 

左の花柄カバーは3つ折りで収納しましたが、100円均一の収納カバーは観音開き(?)のようなたたみ方で中にいれました。ちなみにセリアで購入したカバーの大きさは、縦60センチ×横90センチ×高さ28センチです。

 

 

また、100円均一購入した収納カバーの生地は、とても薄くフチの縫製もあまいところがありました。厚手の羽毛布団を入れるには少々心もとない気がします。

100円均一の布団の収納カバーの画像

100円均一の布団の収納カバーの画像です。

 

 

我が家は羽毛布団はクローゼットの上にある棚に保管しています(羽毛布団は湿気に弱いので、湿気がたまりにくい上に収納しています)

 

100円均一のカバーにいれた羽毛布団を棚に持ち上げるのは無理でした(;^_^A この時点で、我が家では、今回購入したセリアの不織布のカバーを羽毛布団収納に使うことはできず、結局、中身を小さなタオルケットなどにいれかえました。

 

クローゼットの棚に羽毛布団を収納した画像

クローゼットの棚に羽毛布団を収納した画像です。

 

入れ替えて上に持ち上げたところ、画像のような状態になりました。左は、コンパクトにまとまった羽毛布団専用の収納カバーです。こちらは一人で持ち上げられました。右がセリアの布団収納カバーです。自立できないので無理やりUの字におりたたみ収納しました。

 

結論としては

  • 羽毛布団を押入れに入れるのなら100円均一の布団カバーでもOK
  • 棚の上にコンパクトに収納させたいのなら自立タイプのしっかりした縫製のカバーがベター

 

耐久性については、そもそもセリアの布団収納は「羽毛布団」と書いていないので、かさばる布団をいれるのには無理があるかもしれません。タオルケットや薄手の毛布なら十分に活用できます。

 

状況に応じて、カバーを使い分けてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。数年前に羽毛布団をかってから、収納をいろいろ試して一番手間がかからないやり方を紹介しました。

 

布団の収納は、面倒だとついつい後回しにしてしまうので、できればササッと収納できるできるだけ手間のかからない方法にいきつきました。参考になれば幸いです。

 

 

羽毛布団に関連する記事はこちらからどうぞ。