この記事は約 3 分で読めます

羽毛布団の収納の仕方 たたみ方や収納カバーに入れる手順を公開!

羽毛布団の収納の仕方を紹介しています。しまう時のたたみ方のコツやカバーへの入れ方を紹介です。

 

我が家の収納の手順を写真付きで説明しながら、注意するポイントを解説してます。

 

羽毛布団のしまい方について、わからない部分がある方はチェックしてみてくださいね。風呂敷をつかって羽毛布団を包んだ画像も掲載しています。

スポンサーリンク

 

羽毛布団の収納の仕方

羽毛布団の収納は

  • 羽毛布団のスペースにあうように布団をたたむ
  • できるだけ手間をかけずに収納する

以上の2点がポイントです。

 

羽毛布団はかさばります。押入れのスペースに余裕がある場合は別ですが、できるだけスペースを活用したいのなら場所に合わせた収納方法を考えましょう。また、コンパクトにすることで、出し入れがスムーズになり布団の入れ替えが楽になりますよ。

 

 

また、押入れやクローゼットに収納するときに、できるだけ手間がかからないように工夫するのも大切です。家事は毎年繰り返しおこなうので手間や費用のかからない方法を考えましょう。

 

 

スポンサーリンク

羽毛布団の収納の仕方 たたみ方やカバーに入れるまでの手順を紹介

羽毛布団の収納の方法の手順を紹介します。まずは、羽毛布団をたたみ方です。

 

↓布団の長さの短い方をたたみましょう。(画像は下がうつっておらず切れています)

羽毛布団のたたみ方の画像

羽毛布団のたたみ方の画像

 

 

 

↓三つ折りにたたみます。

羽毛布団の畳方の画像

羽毛布団のたたみ方の手順の画像

 

 

 

↓全体が縦長の三つ折りの状態になりましたね。この状態で、防虫剤を置きます。我が家はムシューダをつかっています。端から1/4程度の場所におくと、ちょうど折りたたんだ時に真ん中にきますよ。羽毛布団にダイレクトに置くのが心配な方は、防虫剤を布に包んでください。

羽毛布団を収納するときの防虫剤を置いている画像です。

羽毛布団を収納するときの防虫剤を置いている画像

 

 

↓さらに、横も三つ折りにします。

羽毛布団を三つ折りにする手順の画像

羽毛布団を三つ折りに折りたたんでいる画像

 

 

↓最終的には、縦にも横にも三つ折りの状態にたたみました。この段階で手で押さえて空気を抜いておきましょう。ボリュームのある羽毛布団だと一旦縛らないと元に戻ってしまうかもしれません。この段階で、収納ケースより小さくしておくと、後が楽ですよ。

羽毛布団を三つ折りにたたんだ画像

羽毛布団を三つ折りにたたんだ画像

 

 

↓羽毛布団の専用カバーを上下逆にして、上からかぶせます。シングルサイズの羽毛布団なら一人でも楽に収納ができます。

三つ折りにした羽毛布団にカバーをかぶせる画像

三つ折りにした羽毛布団にカバーをかぶせる画像

 

 

 

↓専用の収納カバーをぐるっと回して、押し込めた画像です。

羽毛布団を収納カバーに入れた画像

羽毛布団を収納カバーに入れた画像

 

この羽毛布団のボリュームなら押し込めれば2枚入りますが、我が家にある別の高級な羽毛布団だとボリュームがあるので1ケース1枚でパンパンです。

 

 

羽毛布団につかう防虫剤の種類についてはこちらを参照ください。

 

羽毛布団のしまい方 防虫剤や収納のカバーの取り扱いを詳しく紹介

 

 

羽毛布団の収納を風呂敷につつむ場合

 

↓三つ折りにした段階で風呂敷でつつむとこんな感じになります。

羽毛布団を風呂敷で包んだ画像

羽毛布団を風呂敷で包んだ画像

 

夏の羽毛布団なら風呂敷でもつつめましが、冬のボリュームのある布団だと厳しいかもしれません。専用の羽毛布団の収納袋と同じくらいにまで小さくできますが、自立しないのがネックです。コロンと転がってしまいますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。数年前に羽毛布団をかってから、収納をいろいろ試して一番手間がかからないやり方をみつけました。

 

布団の収納は、面倒だとついつい後回しにしてしまうので、できればササッと収納してしまいましょう。

 

 

羽毛布団に関する記事が一覧できるのはこちら。

⇒『羽毛布団に関する記事のまとめ』