この記事は約 3 分で読めます

すぐにイライラしてしまう。性格じゃなくて睡眠不足が原因

元々は怒りっぽい性格ではなかったのに、些細な事でイライラしてしまう。

 

 

思った通りに行かないと腹が立つのは、誰でも当たり前なのですが、むやみやたらとプリプリしても、物事は良い方向には進みません。
自分自身も気分が良くないだけでなく、周囲からも「いつも怒ってる人」「あの人怖い」と思われてしまいます。

 

 

では、何故、些細なことでイライラしてしまうのでしょう。その原因は、身近な所にありました。

 

 

今回は、睡眠不足が与える感情への影響と、私が実践しているイライラをストップする方法についてお伝えします。

 

睡眠不足だとネガティブな刺激に反応しやすくなる

睡眠不足がまねく症状については、過去ご紹介しましたね。
脳が疲労ってどういう状態?記憶力が低下してきたら要注意。

 

 

 

睡眠不足は、「ぼんやりしてしまう」「ぼーっとしてしまう」「とっても眠い」といった症状だけではなく、不安感や焦りなどのネガティブな感情を起こしやすいと研究で明らかになりました。
以下、国立精神・神経医療研究センターの行った脳と神経の仕組みを明らかにする実験です。

本研究では、14名の健康成人男性に5日間の充足睡眠セッション (平均睡眠時間:8時間5分)および5日間の睡眠不足セッション(同4時間36分)の両方に参加してもらい、睡眠不足が睡眠構造、不安や抑うつの強さ、さまざまな感情を表す表情写真を見た際の脳活動(機能的MRIで測定)に及ぼす影響とそのメカニズムを検討しました。

 

引用一部抜粋:独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター

 

 

実験結果からわかること

 

この実験で、睡眠不足によりネガティブな情動に対し、左偏桃体の活動が亢進することがわかりました。

 

言葉の説明

  • ※偏桃体・・・恐怖感・不安・悲しみ・不安・緊張の反応について重要な役割をもつ脳の部分。

※亢進する・・・高ぶる

つまり睡眠不足の時の方が、ネガティブな感情に関わる脳の部分の高ぶりがみられたということですね。

 

 

ちなみに、実験期間は5日間。平日、仕事が忙しい時期、帰宅が遅くなり、一週間ほど睡眠が5時間をきってしまうのは、会社員ならありがちなシチュエーションです。

 

 

5日間という短い期間でも、連続して睡眠が不足するとネガティブな感情にとらわれやすいとは、非常に驚く結果です。

 

 

 

スポンサードリンク



まとめ

脳が疲労をしてると記憶力や思考力が低下してしまい、失敗が増えます。失敗が増えれば、「失敗しちゃった・・・」と気分も落ち込みます。

 

 

睡眠が足りている時には、「挽回しよう!」「失敗することもあるよね」と、前向きにとらえることができても、睡眠不足だと、失敗も増える上に、失敗自体に過剰に反応してしまいます。

 

 

その感情の向かう先が、「怒り」であれば「イライラ」に、「悲しみ」であれば「クヨクヨ」に転じていきます。

 

 

では、このネガティブな感情にさようならするためには、

 

  • ・睡眠をたっぷりとる。
  • ・睡眠がとれないのであれば、仮眠や昼寝をとるなど工夫をする。

これが難しい状況であれば、自分が少々ナーバスな状態になっていると自覚すること。

 

 

真美が実践してる心のコントロール

ナーバスな状態になっていると自覚するのは、とっても簡単。
心の中で「ああ、今私はイライラしてるんだな」「すっごく今私は悲しいと感じるんだな」と、自分の心を感じてください。

 

 

ここで、イライラ・クヨクヨの原因(きっかけになった事)については、深く考えないようにしてください。こっちの方が結構、難しい(笑)

 

 

確かに腹の立つことや、許せない事は、生活の中で沢山ありますが、それをナーバスな状態で、考えても、際限がありません。悲しくなれば動揺します。腹が立てば興奮します。動揺したり、興奮すれば眠れなくなります。眠れなくなれば・・・・の悪循環。

 

 

自分が寝不足だったから、イライラしやすいのね、と自分の心の状態をうけいれてあげること。

 

いい気分で毎日を過ごすことが幸せな生活の第一歩。
いい気分で過ごすためには、生活のコントロールと、自分自身の心のコントロールは重要です。

 

心のコントロール、一度試してみてくださいね。

 

 

 

  • ▼こちらの記事も読まれています▼