この記事は約 5 分で読めます

ズボンの穴の補修 股の破れを手縫いで簡単に直す方法を詳しく紹介

ズボンの股の穴の補修の方法を紹介しています。

 

ソーイングセットがあれば簡単にできる手縫いで直す方法です。当て布や糸の選び方を詳しく紹介しています。自分で修理したい方は参考にしてくださいね。

 

後半には、私が補修にチャレンジした時の実物写真を掲載しています。

 

スポンサーリンク

 

ズボンの穴の補修 股の破れの注意点

まずは穴の状況をチェックしましょう。補修する穴は、ズボンのどの部分ですか?

  • 前から見える
  • 後ろから見える

のなら、繊細な補修が必要です。「補修しましたよ!」という感が丸出しだとさすがにカッコ悪いですからね。

 

次に、破れた穴の周辺の生地の状態をしましょう。破れの原因が擦れだと、布が弱っていることが多く、穴を補修しても周辺の生地が破れてしまうことがあるからです。

 

生地の強さを見極めるには、

  • ・引っ張る
  • ・厚さをチェックみる

 

 

いかにも「破れそう」「生地が薄い」と感じたら

  • ・当て布を大きくする
  • ・あきらめて買い替える

を考えてください。

 

当て布の大きさは、通常は、穴のサイズの二回り大きいサイズで間に合います。大きくするのなら、穴を覆うだけでなく、薄い部分を全体にカバーできるサイズにしてくださいね。また、当て布を大きくすると、補修の部分が目立つようになりますので、サイズには注意してください。

 

 

折角、補修するのなら

 

  • 「やっぱり恥ずかしいから着るの嫌」
  • 「お直しに出せばよかった」
  • 「折角、せっかく補強をしたのにまた破れた」

 

と後悔しないようにしましょうね!

 

スポンサーリンク

 

ズボンの穴の補修 手縫いで注意すること

手縫いは

  • 特別な道具がいらない
  • 特別なスキルは必要ない

と、とても手軽です。ミシンなどの特別なスキルもいりません。ソーイングセット(と布など)があれば、今すぐに取り掛かれます。ただし、ミシンのように「ササッ」と補修できません。ある程度は根気がいりますよ~。

 

 

ズボンの穴の補修をするときに準備するものです。

  • 手縫いの針
  • 補修用の糸
  • 補修用の当て布
  • ハサミ(糸切)
  • リッパー(必要に応じて糸をほどくため)

手縫い用の針は、短い針の方が使いやすいです。

 

 

補修用の糸や当て布はできるだけズボンと近い色にしてください。もし、ぴったりのした糸や布がないときや、色で迷うことがあったら、以下の基準で選んでください。

  • ・暗めの色のズボンの場合は、暗い色
  • ・明るい(淡い色)のズボンの場合は、明るい色の方

学生服が暗い色なら股の間が影になってわかりにくいので、ある程度は融通がききますよ。

手芸店の実店舗で糸や布を購入する時に、ズボンの布と糸を重ね合わせて比較すると、色の違いをチェックできます。自然の日光の下の方が、色の違いを正確に見分けられます。店舗の照明にご注意を!

スポンサーリンク

 

ズボンの穴の補修 手縫いで簡単に直す方法

ユニクロの夏用のレディースのボトムスの穴の補修にチャレンジしました。

 

実家の亡くなったおばあちゃんの補修を思い出して手縫いしました。反省点も踏まえて、気が付いたことや注意点を、作業別に細かくお伝えします。

 

穴はスレでできたものではなく、練習用にリッパーで開けたものです。

 

ズボンの股の破れの補修画像です。

ズボンの股の破れと、補修のために縫い目をほどいた画像です。

 

  • Aの画像の説明

 

まず穴の状態を確認します。生地の状態をみて、どの程度補修をするのかきめます。ヨレていたり、生地が弱っていたりすると当て布を大きくしないといけません。

この段階で、自分で補修を続行するかどうか決めます。

 

  • Bの画像の説明

 

次にズボンの縫い目をほどきます。股の近くなので、縫い目をほどかず、補修をやれなくないですが、糸をほどいたほうが断然に補修しやすいです。ほどいた場合は、あとで縫い合わせなければいけません。

 

ズボンの穴の補修の準備画像です。

ズボンの補修の前準備と当て布の調整の画像です。

 

  • Cの画像の説明

穴を含め、補修をする部分を、全体的にアイロンをかけます。浮き上がってしまった糸や、切れた糸などを、アイロンで整えます。ひと手間で見た目の仕上がりに差がでます。

 

  • Dの画像の説明

穴にあてがう当て布の大きさを調整します。通常は、穴の二回くらい大きいサイズでOkです。今回は、押さえに待ち針をつかいましたが、補修テープで当て布をとめると、よりスムーズに補修ができます。

 

100円均一のアイロン補修グッズが便利です。アイロンで穴をふさいだ後、上から手縫いで縫うと最強です。

ズボンの穴の補修 大人の服をアイロンや100円均一で修理する方法

 

ズボンの穴の補修の様子の画像

 

 

  • Dの画像の説明

Cの画像を見ると、裂け目が4列ありますね。(私は、狭い感覚の裂けだったので3列で縫いました。1列ごとに細かく縫うと綺麗な仕上がりになります。ざっくり縫うと、表から見たときの縫い目の「ケバ」「ウキ」が抑えられません。

アイロンシートを使うと、粘着力があるので、縫い目を細かくしなくても、ある程度は「ケバ」「ウキ」を抑えられます。

 

  • Eの画像の説明

縫い終わりです。失敗してしまいました(-_-;)

 

布を全体に縫い込む必要がありました。赤い矢印の部分が生地の端です。ここまで「縫い目」を広げる必要がありました。

 

当て布の大きさの目安が、大きすぎると当て布が縫いきれず、私の出来上がりのようにビラビラしてしまいます。

 

ズボンの穴の補修出来上がりの画像

 

  • Fの画像の説明

 

ほどいた布をズボンの形に再度縫い合わせた画像です。結構、ザツな印象な仕上がりになってしまいました。お恥ずかしい限りです。

 

実際に、補修後のズボンを履いてみると、股の間が影になり、仕上がり程は不自然ではない印象でした。人の股間をジロジロみる人はいませんし、影になっていてわかりにくいです。

 

そこで、どのあたりまでのエリアなら、目立ちそうかをチェックしました。画像Fの白線のエリアです。矢印にある5センチ×10センチのエリアならギリギリだと思います。

(ユニクロ夏パンツ Mサイズ 私は150センチ台後半の身長です)

 

これが、

  • ・柄のパンツ
  • ・大柄な方(男性)

なら、もう少し広範囲でも目立たないと思います。目安になさってくださいね。

 

まとめ

実際に手縫いで補修して感じたのは、生地が薄い「小さい子供のズボン」や「作業着」などは補修しやすいと思います。

 

「卒業近い子供の学生服の補修、あとちょっとだけ持たせたい!!」なども割りきって、自分で補修してもいいかもしれません。

 

ジーンズはデニムが分厚いのと、股の縫い目をほどいたとき縫い直しの「ステッチ」が手縫いでは厳しいのでお勧めしません。実際、ジグザグにぬってみると、布の取り回しがとても重く感じました。

 

スーツは穴の大きさや、着る人の体型によって、出来栄えさえにしなければ、補修ができますよ(足を広げて座る男性だとNGな気がします)

 

穴の大きさ、布の状況、補修した後にどれくらいズボンを持たせたいか、によってお直しのやり方を選んでくださいね!

 

 

★こちらから、他の補修の記事が一覧できます。

⇒『スーツやズボンの補修のやり方 記事の一覧』